家庭教師のゴーイング 電話番号
メニューを開く 閉じる

やる気のない中学生でも目を輝かせて勉強するようになる秘訣、教えます

と、お悩みではありませんか?
そんなお母さんに、どうしてもお伝えしたいことがあります。

勉強のやる気を引き出す絶好のチャンスを見逃してはいませんか?

実は、やる気のないお子さんは
「やる気」がないのではなく、ただ「困っている」だけなのです。

もし、お子さんが
「めんどくさい…と言って、勉強はいつも後回し」
「あとでやるって言ったのに、そのままダラダラ、スマホやゲーム」
「やっと机に向かったと思ったら、ぼーっとしてるだけ…」

このような状態だとしたら、私たちに3分だけお時間をください。
そんなお母さんにこそ、お役に立てるお話があります。

やる気のないお子さんが必ずハマってしまう落とし穴とは?

勉強のやる気のないお子さんには、共通する3つの口グセがあります。お子さんはどのタイプに当てはまりますか?

●口癖その1【できない】
『どうせ、やってもできないし…』勉強の自信喪失タイプ

教科書を開いても、ぼーっとしてながめているだけの子がいますよね。そんなお子さんは、自信がないのです。自信のないことはうまくいきません。自信のないことに、進んで取り組もうなんて、大人でも難しいことです。

勉強のできない子は、その95%以上の子が自信を失っています。まずはお子さんの自信を取り戻してあげることが先決です。

★ココがポイント!
「どうせ、自分なんか…」と自分を卑下してしまう、とても怖い落とし穴。

気がついたときにはハマっていて、そのまま、どんどん深みにハマることに。抜け出すには、誰かの助けが必要です。

●口癖その2【勉強ってどうやってやるの?】
『勉強しようにも、やり方がわかんない』勉強のんびりタイプ

小学校の頃は、授業の中で先生が予習と復習を組み込んでくれていました。でも中学校になると、その時間はありません。つまり、自分から進んで、家で予習復習するしかないのです。

ですが、中学でつまづいているお子さんは、予習・復習のやり方がわからない、という子がほとんどです。

★ココがポイント!
勉強の成果を出すには、「やり方」がすべて。なのに「知らないから、できない」という落とし穴にハマっています。
子どものうちは経験値が浅いので、自分で抜け出すことは、なかなかできません。

●口癖その3【わかんない】
『机に座っても、わかんないトコばっかりで、1人じゃ勉強が進まない』勉強の迷子タイプ

勉強にはつながりがあります。一度つまずいてしまうと、そこから先の理解が進まず、授業がまったくわからなくなってしまうことも。ですから、勉強がわからなくなったときは、わかるところまで戻って勉強しなければなりません。

それには、自分は〈どこでつまずいているか?〉に気づかなければなりませんが、1人でやるのはとても大変。

★ココがポイント!
「もう自分ではなにがなんだか…」という状態にハマってしまう落とし穴。「なにがなんだか、全然わからない」のでは、自分では、もうどうしようもないのです。

…このように、
『やる気を出したくても出せない』状態に陥ってるお子さんが本当にたくさんいる、という事実。

これはとてももったいないことだと思いませんか?

ですが、ご安心ください!
ゴーイングには、
「めんどくさい…と言って、勉強はいつも後回し」
「あとでやるって言ったのに、そのままダラダラ、スマホやゲーム」
「やっと机に向かったと思ったら、ぼーっとしてるだけ…」

そんな『やる気がない』子を大変身させる、魔法のような勉強法があるんです!

やる気のない子にやる気を出させる、ゴーイングの秘訣とは?

『どうせ、やってもできないし…』勉強の自信喪失タイプのお子さんには…

やる気に着火!ゴーイングのやり方 その1
『勉強は楽しいもの』が実感できる!
成功の連続体験を積ませていく、ゴーイングならではの指導法。

ゴーイングでは、まず簡単な問題からはじめて「できた!」という成功体験を積んでいくことからはじめます。

どんな小さなことも家庭教師は見逃さず「がんばったね!」「すごいね!」と声をかけ、お子さんの笑顔や自信を取り戻していきます。

「わかる!」「できる!」の実感を積み重ねていくことによって、お子さんは自信を取り戻し「勉強って、こんなに楽しかったんだ」と思えるようになります。

『勉強しようにも、やり方がわかんない』勉強のんびりタイプのお子さんには…

やる気に着火!ゴーイングのやり方 その2
どんなお子さんでもカンタンに続けられる!
1日7分から始められる予習復習法

ゴーイングの予習復習法なら、1日たった7分。どんなに勉強がニガテでも「ゲームのようにハマる」ゴーイング独自のやり方です。

授業の要点をまとめているので、「わかること」「わからないこと」をチェックするだけ。
予習だけなら、1分か2分で充分取り組める他にはない学習方法。

やる気がない子は教科書を開くだけでも大変なのですが「ちょっとやるだけ」だから、どんなお子さんでも驚くほどカンタンに続けることができます。

やっているうちに、予習をしていない日は、「あ、やってない」と自分で気づくようになり、授業の始まる直前にサッと教科書をチェックするなど自分で工夫するようになります。こうして自分でも気が付かないうちに、予習・復習を身につけることができるのです。

『机に座っても、わからないところばっかりで、1人では勉強が進まない』
勉強の迷子タイプのお子さんには…

やる気に着火!ゴーイングのやり方 その3
専任のスタッフがLINEや電話でお子さんの『わからない』を即解決!

すぐに聞ける人がいないばかりに、せっかくの『やる気』を失くしてしまうのはもったいない!だからゴーイングでは、指導のない日も専門のスタッフがLINEや電話で、タイムリーにお子さんの「わからない」にお答えしています。

ほんのちょっとしたことでも、わからないと感じている子には、それが大きなストレスにつながります。勉強が苦手な子にとって「わからないときはいつでも質問できる」は、大きな味方になるのです。

この他にもゴーイングには、短期間でよりカンタンに結果につなげる【カンタン家勉法】をはじめ『できない』の根本的な原因を解決する勉強法など、お子さんが「これなら、できそう!」と、目を輝かせて【やる気】になってくれる勉強のやり方があります!

このような、お子さんの気持ちに寄り添って指導するやり方は、ゴーイングでなければできません。

だからこそ!
「何度、塾を変えてもダメだった…」そんなお子さんでも、ゴーイングの指導法なら、必ず変わります。

お子さんは「勉強できるようになりたい!」と訴えています。

できない、わからないと言うのは、お子さんの気持ちの裏返し。

考えてみてください。
「勉強なんてどうでもいい」と思っている子が「できない…」としょんぼりするでしょうか?

お子さんは、勉強ができるようになりたいのです。
だから、できない自分にショックを受けて「できない」「わからない」と言うのです。

ですから、お子さんが「勉強ができない」悩みを口にしたら、それは「やる気を出させる」絶好の機会。

このチャンスを逃さず、お母さんはぜひ勉強の環境を整えることを考えてあげてください。

この機会に、「できない」の本質的な問題を根本的に解決し、やる気のないお子さんに、今まで見たことがないほど「やる気」を出させてみませんか?

「めんどくさい…と言って、勉強はいつも後回し」
「あとでやるって言ったのに、そのままダラダラ、スマホやゲーム」
「やっと机に向かったと思ったら、ぼーっとしてるだけ…」

こんなお子さんにこそ、効果のある勉強法です。

今なら、驚くほどカンタンで『やる気が出ない』から抜け出す、とっておきの秘訣を教える勉強法を無料の体験レッスンで教えています!

実は…
私たちゴーイングにも、入会したての頃は、やる気がなくて勉強を嫌がる子がたくさんいます。

初めは誰でもそんなもの。
ゴーイングは、お子さんに「生まれて初めて、数学が楽しいと思った!」「勉強っておもしろい」と言ってもらえることに自信があります。

勉強を続ける上で一番大切なことは、お子さんの意思。

体験レッスンを受けて、お子さんが「問題が解けるって、楽しい!」「おもしろいから続けたい!」と言ってくれることこそ、始めの一歩となるのです。

この勉強法でどれだけお子さんが変わるか、無料の体験レッスンで実感してください。
24年の信用にかけて必ず【すでにお子さんが持っている可能性】を引き出します。
無理な勧誘は一切無いことをお約束します。