家庭教師のゴーイング コラム 不登校 子どもへの対応不登校の子をやる気にさせる!散歩の効果と、散歩を楽しむ3つの方法

不登校の子をやる気にさせる!散歩の効果と、散歩を楽しむ3つの方法

この記事の著者

水巻 晃子 / 家庭教師のゴーイング サポート責任者

お子さんが不登校になってしまうと、どうしても家の中にとじこもりがちになってしまうので、ご家族の方は心配になりますよね。

「散歩くらいすればいいのに」と声かけしても、お子さんにしてみると「めんどくさい」「ゲームの方がいい」と感じる子は多いです。

ですが不登校の回復には、散歩が非常に効果的。

今日は散歩の効果と、お子さんが自分から散歩に行きたくなる3つの方法をご紹介します。



不登校の子をやる気にさせる!散歩の効果

散歩の効果はたくさんあるので、代表的なものを以下にあげておきます。

ひきこもりを防ぐ

散歩の習慣を身につけてしまえば、部屋から出ないなんて心配はいらなくなります。


運動不足を解消させる

「だかだか散歩くらいで」と思われるかもしれませんが、歩けば酸素も多く取り入れることができます。酸素を吸えなければ、人間は数分で死んでしまいます。


生活リズムを整える

散歩のイメージはお日様のあるうちですから、散歩する子は昼夜逆転しづらいです。


セロトニンを分泌させ、ストレスを下げる

太陽を浴びることで、セロトニンが増え、ビタミンDも作られます。



散歩を楽しむ3つの方法

散歩を楽しむ3つの方法①:お気に入りの場所や時間帯を見つける

歩けば様々な光景に出会います。
かわいい犬がいたり、見晴らしのいい風景があったりと、お子さんなりのお気に入りスポットが少しずつ増えていきます。
「今日はあのワンちゃん、何してるかな?」とワクワクしながら道を歩けば、「めんどくさい」なんて思わなくなります。

また、朝日が昇る時間や夕日が沈む時間の空は、たとえようもなく幻想的で美しいものです。空は、どんな場所にいても眺めることができます。空の美しさを親子で一緒に眺めてみてください。



散歩を楽しむ3つの方法②:ブログやSNSに写真をアップする

きれいな葉っぱ、珍しい虫、面白い雲、コンクリートに咲く花。散歩をしていると、普段は見逃してしまう景色に出会えます。
そんな写真をブログやSNSにアップして、みんなと共有していきましょう。

不登校になった子は、外界とのコミュニケーションが激減しています。
ネットの世界であっても、コミュニケーション能力を高めることも可能ですし、見知らぬ人とやり取りできる面白さで、散歩写真が日課になる可能性も高いです。

散歩の楽しさとネットの面白さ、写真の奥深さなど、いろんな世界を体験できるチャンスがたくさんあります。



散歩を楽しむ3つの方法③:家族のコミュニケーションの時間にする

 
お子さんは嫌がるかもしれませんが、時には親御さんも一緒に散歩に出かけましょう。
そして歩いている間、さっき見た珍しい車や、親御さんが好きな花の名前など、散歩しながら親子でのんびり会話してみましょう。

何気ない話題を選び、決して学校や勉強のことは口にせず、あくまでも非日常的な散歩中ならではの、ゆったりとした時間を楽しんでください。

なかなか出かけたがらない子には、お気に入りのラーメン屋に他の家族には内緒で連れていってあげたりすれば、ちょっとした秘密を共有できて、より親密になれます。



ご家族の方から先に、散歩の楽しさに目覚めよう!

現代人は散歩する時間すら取れないほど、忙しい日常をおくっています。それはお子さんも同じで、学校に行っている間は、授業に部活に学校行事、塾や宿題などやることが山のようにあって、のんびりできる時間はありません。

お子さんが不登校になった今だからこそ、ゆったりした時間を過ごし、世界の美しさや人生の不可思議さを実感できる瞬間が生まれます。

まずは親御さんが率先して散歩に出かけ、散歩の楽しさを写真やおしゃべりで教えてあげてください。
親子で一緒にのんびり過ごす時間を作れることは、不登校のならではの特権です。どんな状況であれ今を楽しめる人生の真理を、どうか親御さんから教えてあげてくださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のゴーイング