家庭教師のゴーイング コラム 学習 子どもの学力の伸ばし方【実力テスト】内申点に影響しないのに勉強した方がいい理由とは?

【実力テスト】内申点に影響しないのに勉強した方がいい理由とは?

この記事を書いた人

齋藤 義晃 / 家庭教師のゴーイング 代表

「実力テストって内申点に影響するの?」
「関係ないなら勉強しなくてもいいかな?」
「でもやっぱり点数は上げたい!」

こんなことでお悩みではありませんか?

実は、実力テストの点数は内申点にほとんど影響はありません。

後ほどの項目で詳しく解説しますが、内申点を実力テストでつけてはいけないんです。

とは言え、内申点に影響されないからといって勉強をおろそかにしてしまうのは、絶対におすすめできません。

そこで今日は、実力テストは内申点に影響しないけど、勉強した方がいい理由を詳しく解説していきます。

これ読むと、実力テストの勉強がなぜ重要なのか分かるので、ぜひ参考にしてください。



実力テストは本当に、内申点に影響ない!?

実力テストは勉強しなくても内申点にほとんど響かないって聞きますが、本当でしょうか?

この疑問が解決できないと、実力テストで本気を出すべきか、確信が持てませんよね。

そこでこの項目では、実力テストにはどのような特徴があるのかを解説していきます。



結論!内申点に響く中学校はほとんどない

結論として、実力テストは内申点に響く中学校がほとんどないのが現状です。

なぜなら、実力テストで取り扱う問題は高校入試の演習問題なので、外部機関で学んだ経験値で差がついてしまうからです。

実力テストは、中学校で教えられた内容を理解しただけでは、テストで問われる問題を解ける可能性はとても低いです。

そのため実力テストの点数で内申点をつけてしまうと、塾などの費用を払えるご家庭と、難しいご家庭では不公平になってしまいます。

中学校教育が義務教育である以上、学力格差で点数をつけてしまうと公平性が失われてしまいますよね。

これらの理由から実力テストが内申点に響く中学校は、ほとんどないと言えます。



通知表の採点基準

ちなみに通知表(内申点)の採点基準は、以下のとおりです。

● 知識・技能
● 思考・判断・表現
● 主体的に学習に取り組む態度

採点基準は2021年から、この3つに絞られています。

以前は主体的に学習に取り組む態度が一番上の評価項目として上げられていましたが、2021年からは知識・技能が最上位にきました。
※主体的に学習に取り組む態度の名称は異なります。

この順番変更は、もしかすると今までの絶対評価と異なり、知識・技能をテストの点数で優先する相対評価に変わったのではないかと言われています。

そのため、内申点対策は今まで以上に定期テスト対策が大事になる可能性が高いと考えておきましょう。



成績に入らないが受験で痛い目を見る

たしかに実力テストの勉強していなくても、定期テストの点数が良ければ内申点もいいかもしれません。

ですが実力テストの勉強していないと、最終的には受験で痛い目を見ることになります。

なぜなら、今までのページでも繰り返しお伝えしていますが、実力テストは受験問題の演習が出題され、テストに合わせて解き直しや復習することで、高校入試学力テストの合格点取得の下地が出来上がるからです。

実力テストは定期テスト(内申点)のように直接的に高校入試に影響する訳ではありませんが、間接的に学力テストの合格点をサポートしてくれる重要なテストです。ですから勉強は、両方とも頑張った方がいいのは明白です。



中学校1年生から実力テストには本気を出すべき

「実力テストに本気を出した方がいいの?」という質問に対しては、中学校1年生から本気を出すべきだと結論付けられます。

なぜなら、実力テストに本気を出す=今までの知識を日ごろから再確認し続けなければならないからです。

常に学校の定期テスト勉強と実力テストの勉強を行えば、中学校3年生時点で高校入試基礎が出来上がっている状態になります。

また、受験の天王山と呼ばれる中3生の夏休み前までに受験基礎が完成していれば、周りのライバルにも一歩差を付けて受験標準問題に取り組むことができます。

これらの理由から、中学校1年生から実力テストに本気を出して取り組むのは、いい結果が産まれると断言できるのです。



定期テストと実力テストの違い

さてこの項目では、定期テストと実力テストの違いについて詳しく解説していきます。

具体的な違いを解説するために、以下の項目に内容を分けました。

● テスト時期
● テスト問題内容
● テスト勉強期間

これらの内容を定期テスト・実力テストに分けて解説していきます。



定期テストと実力テストの違い①:テスト時期

テスト時期についての違いは以下のとおりとなります。

● 定期テスト→中間テストは5月・10月、期末テスト(学年末)は6月・11月・1月or2月

● 実力テスト→長期休み後に1回は必ずある。3年生は2学期に2回。

定期テストは基本的に短期間で学んだことを総復習するために、小分けされながら年に5回程度行われます。

実力テストは長期休み後に必ずあり、必ず夏休み後にはどの学年でもテスト日程が組まれています。

このように回数としては学校の定期テストの方が多いので、長期休み以外は、なかなか実力テストの勉強時間を取れないのが現状です。



定期テストと実力テストの違い②:テスト問題内容

続いてテスト問題の内容について比較してみましょう。

● 定期テスト→基本的な問題から、入試標準問題よりも優しめな問題が多い
● 実力テスト→入試基礎から入試標準問題が多く内容が非常に難しい

定期テストは学校で学んだ範囲の問題しか出てこないため、全体的に問題の難易度は優しいと考えられます。

一方実力テストというと、入試基礎から入試標準問題が多く内容が非常に難しくなっています。

特に実力テストは学校で学んだ問題はあまり多くなく、定期テスト基準で応用問題に分類される出題が多数になるので、非常に難しいと感じてしまいます。



定期テストと実力テストの違い③:テスト勉強期間

最後にテスト勉強期間について比較してみましょう。

● 定期テスト→だいたい1ヶ月から2週間程度
● 実力テスト→2ヶ月から1ヶ月程度

テスト勉強期間を比較すると、定期テストは長くても1ヶ月程度から2週間程度が勉強期間と考えられます。

一方実力テストは今までの復習問題が出てくるため、2ヶ月程度の勉強期間が必要です。

実力テストに関する勉強期間は夏休みなどの勉強期間を含むので、正味の時間は定期テストと比べても相当長くなると思ってください。

そのため実力テストできちんと結果を残すためには、長い勉強期間が必要であると考え、計画を立てましょう。



実力テストの点数をグンとあげる勉強方法

実力テストの点数を上げる勉強方法について、詳しく解説していきます。

具体的には以下2つの分野に分けて説明していきますよ。

● 実力テストの点数を上げる勉強方法環境編
● 実力テストの点数を上げる勉強方法5教科編

どちらもファクターであるので、十分に注意しながら勉強していきましょう。

具体的に解説していきます。



実力テストの点数をあげる勉強方法~環境編~

まず実力テストの点数を上げる環境について解説していきます。

具体的には以下のとおりです。

● 毎日の勉強習慣をつける
● 机の上が整理されている
● 勉強へのモチベーションが高められる環境を作る

より具体的に解説していきますね。



毎日の勉強習慣をつける

実力テストの点数を上げるためには、毎日の勉強がとても重要です。

なぜなら、英単語や漢字の暗記など毎日の勉強の積み上げがないと、苦労してしまう分野が多いからです。

漢字の勉強を実力テストの直前に行ったところで、点数には直結しないことが多いし、英単語の勉強を直前に行っても、長文読解がすぐにできるわけではありません。

これらはあくまで補助的な分野ですが、漢字が読めなければ文章読解はできませんし、英単語が分からなければリスニング・英作文・英語長文全てが解けません。

これらから分かるように、毎日の勉強習慣がなければ実力テストの点数は上がっていきません。



机の上が整理されている

また毎日の勉強習慣をつけるためには、机の上が整理されている必要があります。

机の上が整理されているとなぜ毎日の勉強習慣につながるのかというと、勉強への心理的ハードルを引き下げてくれる効果があるからです。

具体的にいうと、ごちゃごちゃした机よりも綺麗に整った机の方が、勉強に必要な参考書を探すのに時間効率が高いですよね。

勉強は基本的にやりたくない子がほとんどなので、環境を整え、出来る限り心理的障壁を引き下げてあげましょう。



勉強へのモチベーションが高められる環境をつくる

環境編の最後は、勉強へのモチベーションが高められる環境を作ることです。

勉強へのモチベーションが高められる環境を作っておくと、勉強するのが嫌という気持ちがあっても、子どもが勉強に向かってくれる効果があります。

モチベーションには、内発的動機と外発的動機の2種類あります。

勉強を長く継続させていくためには、両者の内で内発的動機にフォーカスしたものが必要です。

具体的には、将来の夢が書かれたプリントを机の前に貼っておく、等が効果的です。

勉強はお子さんの将来の夢に対して選択肢を与えるものなので、「勉強はイヤだけど、今だけ頑張ろう!」という気持ちにさせてくれます。



実力テストの点数をあげる勉強方法~5教科編~

最後の項目では、実力テストの点数を上げる5教科別の勉強方法の具体的な実践方法をお伝えしていきます。

特に実力テストで点数が取れないお子さんに対する具体的なアドバイスとなるので、300点以下の子はぜひ参考にしてください。



国語

国語は漢字の勉強と作文の勉強、そして古典の勉強を優先しましょう。

なぜなら、漢字・作文・古典は、『勉強すればすぐに点数に直結する!』成功体験を積ませるためには絶好の分野だからです。

国語はセンスという言葉がありますが、これは全くのデマで、勉強すれば必ず点数が上がる分野はあります。

上記3点に絞って勉強すれば、実力テストでも十分な点数が取れるので参考にしてくださいね。



数学

数学は基本的に入試基礎問題を中心に勉強していきましょう。

なぜなら、入試基礎問題であれば様々な学習難易度があって、簡単な方から取り組めば勉強がしやすいからです。

特に計算問題に苦手意識を持っている場合には、真っ先に克服してください。

入試基礎問題を具体的に解説しておくと、以下のような問題が該当します。

● 基礎計算
● 確率問題
● 三平方の定理
● 単純な体積問題
● 1次関数のグラフを求めること

その他にも様々な入試基礎問題がありますが、特にこれらの問題は学習難易度が低いのでおすすめです。



英語

続いて英語の実力テスト勉強は、リスニングと単語に絞って勉強しておくと良いでしょう。

リスニングと英単語を勉強する理由は、点数に直結しやすいからです。

まずリスニングは、簡単な英単語で会話が放送される傾向が高く、中学校1年生程度の知識でも解ける問題が多いです。

また英単語は、英作文や英語長文で解ける問題を増やすために必要です。

この両者さえできていれば、最低限の点数は取れます。



理科

理科の実力テストの点数を引き上げるための勉強は、生物分野と地学分野を真っ先に仕上げましょう。

なぜなら両方とも暗記がほとんどのため、すぐに点数に反映されやすいからです。

特に生物は応用問題以外ほとんど計算がないので、数学が苦手な子でも理解しやすいです。

この2つを仕上げたら、化学と物理の用語から押さえていきましょう。



社会

最後に社会の勉強方法です。

社会の勉強方法は至って単純で、定期テストの延長線上で大丈夫です。

なぜなら、単語暗記がほとんどになるので、定期テストで頑張って勉強しておけば、実力テストでも十分、点数を取れるでしょう。

社会が苦手であれば、まず歴史と公民から始めるのをおすすめします。

歴史と公民は単語を暗記してしまえば簡単に得点につながるので、苦手な生徒ほど先にやってしまいましょう。

歴史公民が完璧になれば、あとは地理の勉強を進めていくだけです。



実力テストは内申点に影響しないけど、きちんと対策しておけば受験がグンと楽になる!

結論をもう一度お伝えしておくと、実力テストが内申点に影響することはほとんどありません。

ただ一方で内申点に影響しなくても、実力テストの勉強していないと、肝心の受験本番テストで解答できる問題が確実に減ってしまいます。

そのため優先順位をつけず、定期テストと実力テスト、両方の勉強を頑張りましょう。

実力テストの勉強を頑張れば、受験勉強をしているとき、難しい応用問題もスラスラ解ける実力がついていることに、自分でも驚くはずです。

勉強のことでお困りなら…

  • 授業についていけなくなってきた
  • わからないことがあっても質問できない
  • ゲームやYouTubeばっかりで全然勉強しない
  • 塾に通っているのに結果が出ない
  • 内申点が足りない。このままでは受験が心配
こんなお悩みの方におすすめなのが

ホームページでは、短期間で驚くほどカンタンに成績アップができた方法をご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

家庭教師が初めての方によく見られている記事はこちら
  • 家庭教師のゴーイングと他社との違い

    初めての方へ向けて、他との違いをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 料金比較インタビュー

    「家庭教師の料金相場って?」「結構高いんじゃない?」とご心配な方へ。塾や他社と料金について先輩ママにインタビューしました。

この記事を書いた人

齋藤 義晃 / 家庭教師のゴーイング 代表

メッセージ:
私自身も落ちこぼれでした。そんな不良でビリから2番目、偏差値30でも「絶対に無理!」と言われた早稲田大学に合格することができました。 お子さんが「できない」のは、お子さんのせいでも、お母さんのせいではありません。『勉強のやり方』が間違っているからです。私たちが、お子さんにピッタリな「勉強法」と家庭教師ゴーイング独自の「おせっかいサポート」で、全力でお子さんの成績を上げてみせます!

© 2020 家庭教師のゴーイング