緊急案内中学の勉強が心配な方へ

この春から、お子さんもいよいよ中学生になりますね。新しい制服を着て学校に通う姿や、新しい友達との出会い、また、「どの部活に入るか?」など、ワクワク感に胸をはずませているのではないでしょうか。

ですが、その反面…「中学の勉強についていけるかな?」と、不安をお持ちの方も少なくありません。

そこで!そんな不安をお持ちのお母さんへ。
このページでは、今の“不安”を「大丈夫!!」に変える秘訣をご紹介します!
ゴーイングから今だけのご提案もありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

いろいろある“小学校と中学校の違い”

「小学校と中学校の違い」といっても、学校生活はもちろん、勉強面、課外活動など数え上げればキリがありません。義務教育においても、より高等教育を受ける段階に入っていくので、学習の難易度が上がったり、ペースが早くなるのも当然です。

↓代表的なものを挙げてみると…↓

  • 科目数が増える
  • 授業のスピードが早くなる
  • ●授業時間が長くなる
  • ●教科書が厚くなり、難易度もUP
  • テストの範囲が広くなる
  • ●副教科もテストがある
  • 部活動で放課後が忙しくなる

ここに挙げたものはあくまでも一例ですが、勉強面に限っていえば…

この「意外と」というのがポイントになってきます。
「先生が変わるだけで何が違うの!?」と、不思議に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この「先生の違い」に戸惑って、中学入学直後から勉強でつまずいてしまう子もたくさんいるのです。こうなってしまっては、楽しいはずの中学校生活も台無しです。

どうして【先生の違い】でつまずくの?

小学校では、担任の先生が全教科の授業をしてくれました。一方、中学では教科ごとに担当の先生が違います。それによってこんな差が生まれて、とまどうお子さんがたくさん出てくるんです。

子どもの理解度に
合わせて
対応してくれる
理解
全教科のバランスを見て
予習復習を
指示してくれる
復習

↓これが、中学校ではどうなるでしょう?↓

テスト範囲が学年で統一されて
いるので、他のクラスとペースを
合わせることを優先する
範囲
やらないといけない
事がたくさんに
なるときも…
課題

このように、小学校ではお子さんの理解度に合わせて教えてくれていたものが、中学校では「ここまで進めなさい」と定められたペースに沿って授業が進むようになります。

なので、中学校でつまずかないためには、

  • 授業に取り残されないよう、自分の理解度に合わせて予習復習をする
  • やることがたくさんにならないよう、提出物は早めにとりかかるなど、
    自分のペースに合わせて勉強の計画を立てる

など、自分で勉強の量を調整していかなければいけないんです。


さらに!教科ごとに先生が違うことで、先生との相性が、教科の好き・嫌いに影響を与えることをご存知でしょうか?

「この先生の教え方、よくわかんないからキライ…」と感じる先生に出会ってしまうと、だんだん授業が理解できなくなって、その教科が苦手になってしまうんです。

そうならないためには、先生が変わっても左右されない
“自分にピッタリのやり方”を入学前の今つかむこと!

これこそが塾や学校でも教えてくれない、中学で成績を伸ばす
ポイントなんです。

「でも、学校で教えてくれないなら
どうすればいいの?」


「カンタンに
自分でできるようにはならないと思う…」

そう思われたお母さんに、とっておきのお知らせです!

今なら、お子さん一人ひとりにピッタリ合うやり方を
120分無料の体験レッスンで教えています!

体験レッスンでは、教わったその日から実践できるよう、具体的に落とし込んだアドバイスをするので、中学生になってからも使える勉強法を、今すぐ身につけられます。

中学生になる前の今 が、自分に合ったやり方を身につける
絶好のタイミングです!

勉強に足を引っ張られることなく笑顔で中学生活を送れるよう、お子さんでもできる方法を必ずご提案します。

家庭教師をやる・やらないは関係なく、中学の勉強に合わせたやり方をつかむキッカケとして、体験レッスンをご利用ください。

体験レッスンでお会いできることを、スタッフ一同楽しみにしています。