不登校生への指導法

新学年からの授業に追いつくためには
今が“一番のはじめ時”です!

「4月から学校に行ってみようかな?」とお思いの方、
“学校の授業に追いつく”チャンスは今☆
再登校の際に困らない“勉強法”をつかみましょう!
これまでの“基礎固めを全力でバックアップします。

>>今スグ“やり方”をつかみたい!!

家庭教師が学力面・精神面をきめ細やかにサポート

不登校になった時こそ親子の関わりを見つめ直すチャンス

現在、何かしらの理由で「不登校」の状態にある生徒は、2014年の文部科学省の調査によると約12万人にも上るそうです。中学生に至っては実に39人に1人の割合で、平均してクラスの1~2人、不登校の生徒がいる計算になります。

不登校を取り巻く状況

不登校になる理由は様々ですが、どんなに周りが心配しても、本人が意欲と自信を持てない限り、根本的な解決にはなりません。

経験者としてホンネを言わせてもらえれば、本質的な原因は、、、
コミュニケーションに自信がない 
学力に自信がない 
体力や容姿に自信がない
家庭環境が不安定 
趣味が独特で周りに馴染めない
など、「家庭環境が不安定」以外のほとんどが、本人自身に問題があるのです。

根本的な原因に向き合った対処でなければ、いくら周りがフォローしても状況は悪化していくばかり…。 既にカウンセラーなどに相談された方もいらっしゃると思いますが、カウンセラーのアドバイスを鵜呑みにして、当り障りのない対処をし続けた結果、半年➟1年➟2年と不登校が長期化して泥沼にはまっているご家庭も少なくないのが現実です。

ご家族ができるサポートについて

その子の状態によって4つの時期に分類できます

不登校を取り巻く状況

①逃避期②苦悶期におけるサポートは、ご家族などの身近な人やカウンセラーが行います。性格や状況にもよりますが、まずはお子さんの話をじっくり聞いてあげることから始めてみても良いかもしれません。

ですが、「どのように接したらいいかわからない」という保護者の方も多いと思います。何とかしたくて本を何冊も読んだり、読めば読むほど自分の育て方を後悔して落ち込んだり。誰かに助けて欲しくて苦しくて、スクールカウンセリングに行ってみたり。でも、いつも通り一遍の返事しか返って来ず、状況は悪化するばかり…。

  • 我が子の心境の変化に気付けず、親として自信をなくした…
  • 私の育て方が間違っていたのではないのかと考えてしまう…
  • 子どもが「不登校」だと周りには言えない…
  • いつも暗い表情で、自殺しないかと気が気でない…
  • 子供の将来が不安で不安でしょうがない…

もし、上記のチェックに当てはまるようであれば、一人で問題を抱え込まず専門のカウンセラーに相談するなどの行動を起こしてみてください。
なお、家庭教師のゴーイングでは代表の齋藤を筆頭にカウンセラーが常駐しております。不登校やひきこもりのお子さんへのカウンセリングにも実績がありますので、気になった方はお気軽にご相談ください。


ゴーイングの家庭教師がサポートしてあげられること

家庭教師が学習面でサポートできるのは、③休息期④回復期の子です。
外へ出て、学校などの集団の中に飛び込むためには、ある程度の自信が必要です。
いきなり学校へ行かなくても、体力をつけるためにスポーツクラブに通ったり、武道を習ったりするのも自信を育むきっかけになるはずです。また、自分の趣味や好きなことに没頭して、その分野では誰にも負けない自信を持つのも有効でしょう。

もちろん勉強して学力をつけることも大切なこと。
いざ学校に通うようになって授業を受けた時に、授業がチンプンカンプンでは台無しです。そんな時には家庭教師がお子さんのお役に立てます!!

そして、「勉強」だけを考えるのであれば、学校に戻ることにこだわる必要はありません。

  • 学校に行かなくても「フリースクール」で学ぶことができます
  • 中学校に行かなくても高校には試験で合格すれば入学できます
  • 全日制でなくても、「定時制高校」で夜間学習ができます
  • 「通信制高校」は学校に行く日は、スクールリングの日だけです
  • 「サポート校」でも高卒認定が取れます >ゴーイングのサポート校について
  • 高校卒業認定試験に合格すれば「高校卒業と同等」の認定がもらえます

そして、「学校」や「集団授業」というスタイルにこだわらないのであれば、家庭教師は強力なサポーターになります。


私たち家庭教師のゴーイングでは、私たち自身の経験を踏まえて、お子さんの気持ちに寄り添い、「学校に行きたい!」と思った時に困らないように、保護者の方と相談しながら計画的に指導を進めますのでご安心ください。

ここに来てようやく“光”が見えた!

親として小さい時から色々な塾に行かせても成績が上がらず、通信教育も身につかず、昨年の終わりごろから体調も崩し、学校を休みがちでしたので、ゴーイングさんにお願いしたいと思いました。娘も落ち込んでいたのですが、体験を受けると約束してからは学校にも元気に行き始めました。ぜひ勉強のやり方がわかって志望した高校に通ってほしいです。

荒れていた娘の気持ちに変化が

学校に行けるようにがんばりたい。
(ひなのちゃん)
この2年間荒れてしまっていた子どもがやっと勉強をやる気になったので、頑張らせてあげたい。よろしくお願いいたします。(ひなのちゃんのお母さん)

★他にも、実際に家庭教師を始めた方からこのような声をいただきました!!
・家庭教師の先生がいらしてから、勉強や進路の話ができるようになりました
・先生と勉強に取り組んでいるよのうなので安心しました
・家庭教師は初めてでしたが、子どももすんなり家庭教師を気に入ってくれました
もっと早く家庭教師という選択肢を取っていればよかったです
などなど、1対1の家庭教師効果を実感されている声が数多く届いています

最後になりましたが、ご自身に不登校の経験のない保護者の方はお子さんの状況に不安を抱えているのではないでしょうか。どうか、お子さんの将来のためも家庭教師という選択肢をご検討してみてください。