家庭教師のゴーイング 電話番号
メニューを開く 閉じる

見出し:お子さんが学校に行けないのは、『適応障害』が原因かもしれません

具合が悪い中学生男子のイラスト

「今日は頭が痛い」
「立ち上がるとお腹が痛い…」
「明日は学校行けるかも」

スマホをいじる中学生男子のイラスト

朝、声をかけると体調が悪そうだったのに…。
昼には元気になって、お昼ご飯もしっかり食べてるし、楽しそうにゲームしたり、漫画を読んだりしてる。

明日は大丈夫だろうと思っていたら、次の日も同じことの繰り返し。

イラっとするお母さんのイラスト

「朝は具合悪そうだったのに…」
「仮病なのかしら…!?」
「甘えるのも、いいかげんにして!」

心配するお母さんのイラスト

お子さんを心配する気持ちとは裏腹に、つい、イラッとしてしまうことはありませんか?

もしかしたら、お子さんが学校に行けないのは、『適応障害』が原因なのかもしれません。

適応障害は「心」の病気。その症状とは?

適応障害は、日常生活の中で〈強いストレス〉を、長期的に受けると起こる、心の病気です。

環境の変化にうまくなじめずにいると、〈ストレス〉によって、身体に、不眠・頭痛・不安感などの症状が現れ、日常生活に支障をきたすほどになります。小さな子どもでは、「赤ちゃん言葉」や「指しゃぶり」をするようになる、などの赤ちゃん返りが起こることもあります。

環境の変化にうまくなじめずに〈ストレス〉を感じている中学生男子のイラスト

誰にでも起こりうることですが、症状が強く出てしまうと、社会生活や対人関係が、うまくこなせなくなってしまいます。

その代表的な症状が、不登校なのです。

学校は子どもにとって、強いストレスになる場合もある

子どもにとって学校は、一緒に遊ぶ友だちがいる楽しい場所です。

ですが、思春期の子どもにとっては、強いプレッシャーを感じる場所でもあり、それがストレスにつながります。

授業についていけなかったり、テストで悪い点をとったりすることは、お子さんには強いストレス。

最近では、いじめなどの問題もあります。

学校に強いプレッシャーを感じている中学生男子のイラスト

子どものうちは、問題を解決する力や知恵が足りなかったりするので、自分の中で、「学校、いやだなぁ…」と感じてしまうと、それがどんどんふくらんでいってしまう場合も。

すると、楽しいはずの学校に、どんどん行きたくなくなってしまいます。

【適応障害】は、学校に行かなければならない子どもには、十分起こりえることです。

学校に行きたくても、行けない!

子どもの様子を心配するお母さんのイラスト

子どもの場合、学校へ行きたくないという気持ちが、本人はそれほど強くない場合でも、頭痛やめまいなどの身体症状によって「具合が悪い…」となってしまいます。

それは本人の意思とは関係なく起こってしまうものなので、決して嘘を言ってる訳ではありません。

【適応障害】は、ストレスを感じなくなれば症状がおさまりますから、〈お昼には食欲もあって元気〉なのも、ごくあたりまえのことなのです。

ですから、「毎日、お昼には治ってるじゃない!」と、頭ごなしにお子さんを叱らないことが大切です。

【適応障害】は、価値観を変えることで治る!

適応障害は〈ストレス反応〉ですから、ストレスがなくなれば治ります。

学校がイヤでも、転校、進級、クラス替えなどがあれば、治ってしまう子も。

ですが、環境を変えるということは、なかなか難しいことですよね。転校もクラス替えも、自分が行動すればなんとかなることではありません。

ストレスをなくす最適な方法は、自分の〈価値観〉を変えること!

自分の〈価値観〉や〈考え方〉、〈ものごとのとらえ方〉を変えていくことは、自分で出来ます。

びっくりする中学生男子のイラスト

〈価値観〉や〈ものごとのとらえ方〉が変われば、適応障害は治るんです。

ですから、適応障害に一番いいことは、カウンセリングなどで、今自分が思い込んでいることとは違う価値観や、ものごとのとらえ方を聞くことなのです。

誰かと話をしても、一度や二度では、価値観は変わらないかもしれません。
ですが、心を開ける相手と何度も話すうちに、「そうかもしれない…」と〈価値観〉が変わってきてくれるでしょう。

家庭教師は、お子さんとって〈最良の相談相手〉になります!

「学校に行きたくない…」というお子さんにとって、家庭教師と家で勉強することは、環境が変わる、ということでもあります。環境が変われば、お子さんの適応障害の症状は、おさまってくることもあります。

さらに、家庭教師は歳の近い、お兄さん、お姉さんのような存在

家庭教師の先生に教わっている中学生男子のイラスト

「大人なんて信用できない」という反抗期のお子さんとも、すんなり仲良くなって、お子さんの一番の話し相手となってくれるケースも多いのです。

また、不登校でお母さんが心配なのは、学校の勉強が遅れることだと思いますが、
家庭教師は、お子さんの今までの遅れをしっかり取り戻し、
家庭学習の習慣をつける等の学習支援を行うことができます

何より、「勉強ってどうしてやらなきゃいけないの?」「どうして学校に行かなくちゃいけないの?」というお子さんも、大学に通っている家庭教師の姿を見て、「先生みたいになりたい!」と、夢や憧れをもってくれることも。

お子さんの現在の状況から抜け出すために、ゴーイングが全力でお手伝いします。ご相談だけでもかまいません。まずはお気軽にお電話ください

ゴーイングにお任せください!家庭教師のゴーイングスタッフ一同の写真