ユウミさんとお母さん(茅ヶ崎市)

入学試験で第一志望の高校に受かり、いまは高校生活を満喫中!

ユウミちゃんは、茅ヶ崎の県立高校に通う高校1年生。部活は、中学、高校と、つづけて演劇部。「ふだんの自分の素じゃない自分を表現できるところが楽しいから」だそうです。
お家は代々続く農家で、敷地内には酪農のための牛小屋も。ゴーイングの家庭教師は中学2年の2学期から3年の3学期までの1年半の間、受験対策のために活用しました。

中学生になったら成績が急降下…

ゴーイング代表 齋藤今回、お母さんが家庭教師を使おうと思ったのはなぜですか?

お母さんユウミの成績が、中学になって急に落ちてきたので、何とかしなきゃと思って。

ゴーイング代表 齋藤ユウミちゃんは、小学校の頃の成績はいかがでしたか。

お母さん小学校の時は成績はわりと良かったんですよ。ところが中学校になるとゴ・ゴ・ゴーッと急降下で、あらあらあらというかんじで。
親の私が言うのも何ですけど、ユウミの成績は、その時々の、習っている先生とか周りの環境とかに影響されやすいんです。小学校の頃は、先生が生徒一人一人を見てくれる感じで、和気あいあいって言うんでしょうか、いい感じだったんですね。でも、中学校になったら…

ユウミちゃん中学校に入ったら、不良も多くて、学校が荒れてて、とてもいやでした。
特に社会は、先生がすぐ怒鳴るし、授業の半分ぐらいが、勉強と関係ない自分の自慢話だったりして、いやでした。

最初は、自分でがんばらなきゃとも思ったけれど…

ゴーイング代表 齋藤お母さんは子供の頃は勉強は好きでしたか?

お母さんいえ、私も勉強はだーいきらいでした。もう九九で止まっちゃったかんじ。でもユウミとは逆で社会は好きだったなあ。先生が面白い人だったんですよ。

ゴーイング代表 齋藤ユウミちゃんは、中学生になって成績が落ちてきたことについて、自分の中ではどんな気持でしたか。

ユウミちゃん最初は、これじゃ良くないなあ、がんばらなきゃいけないなあと思っていましたが、だんだん、あきらめと慣れの気持が大きくなってきて、まあ、いいか、もうしょうがないやという気持になってきました。

ゴーイング代表 齋藤その頃は、自分で勉強はしていましたか?

ユウミちゃんふだんはあまりやらなかったかもしれない。でもテスト前なんかは、友達何人かで集まって、みんなで問題出し合ったりして、勉強しました。

最初は頼りなく感じたけれど...

ゴーイング代表 齋藤今回、ゴーイングを選んだ理由は何ですか?

お母さん成績も落ちたし、塾か何かいかせなきゃなあと思ったんですけど、塾だと、女の子だから送り迎えとか必要だし、でもウチって酪農やってるから、夕方は必ず牛の乳搾りやんなきゃいけないんですよね。そう考えるとウチに来てくれる家庭教師の方ががいいなあと思うようになったんですけど、すると、ちょうどその頃、ゴーイングから電話がかかってきて、体験に来た方も感じがよかったし、もうタイミング一発で決めてしまいました。

ゴーイング代表 齋藤そうして鈴木先生が派遣されてきたわけですが、最初の印象はいかがでしたか。

お母さん私としては、家庭教師の先生には私のかわりに子供のお尻を叩いてもらうようなイメージがあったので、鈴木先生は、優しい感じは良いのだけれど、これでホントにビシビシ指導してくれるかな~という不安は少しありました。

ユウミちゃん私は、優しいかんじの先生だったので、ホッとしました。自分にあった先生のような気がしました。

お母さんでも、始めて一番驚いたことが、数学がびっくりするぐらい上がたこと。鈴木先生が来る前は30点だったのが、中3の前期試験は79点でしたもの。

鈴木流、生徒の数学の成績を上げさせる、3つのコツ

ゴーイング代表 齋藤じゃあ、今度は、鈴木先生に聞いてみましょう。どうして数学の成績がそんなに伸びたのでしょうね。

鈴木先生最大の理由は、ユウミちゃん自身がやる気を出して勉強に取り組んでくれたことですが、それ以外の理由としては、あの、もしかしたらなんですけど、わたし、数学教えるのは得意なのかもしれません。ユウミちゃんの後、4人ほど家庭教師しましたけど、みんな数学の成績が上がってくれるんです。

ゴーイング代表 齋藤鈴木さんが、数学を教えるときに気をつけていることは。

鈴木先生まず「答だけでなく、途中式も書かかせること」に気をつけています。途中式を丁寧に書いてけば、それが正しい理解を助けるからです。その時は、生徒が式を書くのをただ見ているだけでなく、「あたしも計算してみるね~」と言って、「自分も一緒になって問題を解く」ようにしています。生徒が正解したときは、「よかったね~」といっしょに喜びます。

次に、問題を間違えたときは、やり方を教えて、それから「もう一回、同じ問題を解いてもらう」ことにします。私は子供の頃からフルートの練習を続けてきたので、その経験からも思うのですが、やっぱり「繰り返しは上達の母」です。技術は、繰り返すことで定着するのです。

間違えた問題をもう一度解くことには「気持を上向きにさせる」効果もあります。間違えたときは、やっぱり気分が少し落ちこむわけですが、もう一回解いて正解できれば、何とか前向きな気持がキープできます。

ゴーイング代表 齋藤もう一回解かせても、それでも正解できなかったときは、どうするのですか?

鈴木先生そんな時には、とりあえず「絶対に分かる質問をする」ことにしています。絶対に分かる質問とは、たとえば「この中の、どれがXで、どれがYかな」というような、問題文を読めば必ず分かるような質問です。絶対分かる質問であったとしても、正解は正解。気持が上向きます。小さくてもいいので、とにかく成功体験を持つことが大事です。

いい雰囲気がつくれて → 第一志望に合格!

ゴーイング代表 齋藤鈴木さんにとっては、他の教科よりも数学の方が教えやすいですか?

鈴木先生はい。たとえば英語だと「単語を覚えようね」としか指導のやりようがないのですが、数学なら、「一緒に筋道を追っていく」ことが可能なので、私にとっては教えやすい教科です。

ゴーイング代表 齋藤その他、授業全般で気をつけたことは?

鈴木先生まず「怒らない(批判しない)」ことにしました。ユウミちゃんのお尻を叩く役割は、何だかお母さんの方でやっているようだったので、私は別の役割をした方がいいかなと。 「一週間の勉強の計画は自分で立ててもらう」ようにもしました。
私が決めつけるよりも、自分で計画を立てた方が、やる気が出るんじゃないか、自主性の尊重になるんじゃないかと思ったのです。

あと「休憩を大事にする」ことも気をつけました。ユウミちゃんの時は、お母さんがお菓子と紅茶を出してくれる時間があったので、そんな時のコミュニケーションや交流を大事にしました。

お母さん鈴木先生は、いい雰囲気を作るのが上手な人だなあと思いました。休憩中だけでなく勉強中も、ユウミの笑い声が聞こえてきたりするんです。ユウミは先生がとても好きでお姉さんみたいに思えるみたいで、先生の演奏会を見に行ったり、洋服の趣味も先生に似たりしてきました。
さっきも言ったように、ユウミは先生との相性で成績が変わりやすい子なので、これなら上手くいくかなあと思っていたら、やっぱり成績が上がってくれて良かったです。

ゴーイング代表 齋藤ユウミちゃんから見た鈴木先生はどうでしたか。

ユウミちゃんゴーイングの分かりやすい教材を、私のために、もっとわかりやすく教えてくれました。中学校の時は学校が荒れていて、いやな思いもしましたが、鈴木先生に出会って、先生というものへの想いが変わったような気がします。

お母さんその後は、成績も順調に伸びて、おかげさまで第一志望の県立高校に合格できました。ありがとうございます。

ゴーイング代表 齋藤高校での成績はいかがですか。

ユウミちゃん今は、勉強は好きか嫌いかといえば、どちらかというと好きな方です。特に鈴木先生に教えてもらったおかげで数学が得意になれました。先生、どうもありがとうございます。


さぁ、次はお子さんの番です!!

もし今、このインタビューを最後までお読みくださった方の中で、「何とかしたい!!」と思われた方がいらっしゃいましたら、今こそ、「勉強が苦手な子」から卒業するチャンスです!私たちゴーイングの22年の実績にかけて、"やり方"必ず教えます!!

今すぐ「体験レッスン」を受けたい!!

【無料】お見積もり・資料請求 お問い合わせボタン お電話はコチラから
  • 無料体験のお申し込みコチラ
  • 資料請求のお申し込みコチラ