アキヒトくんのご両親(鎌倉市)

夫婦でも息子のこれからが楽しみになりました

塾よりも、身近で様子がわかるから家庭教師にしました

なぜ、家庭教師をつけようと思われたのですか?

お母さん息子が「塾に行くのが嫌だ」というもので、様子を見ていましたが、自分で取り組むという姿勢がありません。「これはなんとかしないといけないな」と思って、親が教えたりしました。でも親だと感情が入ってしまい、やっぱりダメですね。
そこで家庭教師というのを、ちょっとやってみようかと思いました。

家庭教師に対して、抵抗感や迷いはありませんでしたか?

お母さんいいえ。わたし自身も、家庭教師に習っていたことがあり、あまり抵抗なくうちの子にもやらせようかなと考えました。塾に行かせていると、こどもが塾で何をやっているんだか、親のほうもわかりません。それだったら、先生が来てくれたほうが、直接コミュニケーションもとれるのでいいかなと思いました。

他社の家庭教師は、息子のやる気を失わせました

家庭教師をつけたのは、ゴーイングが最初ですか?

お母さんいいえ。お姉ちゃん(息子の姉)に家庭教師をつけていて、最初はその方に、時々、息子の勉強も見てもらっていました。でも女性の家庭教師だったので、息子には男の家庭教師がいいだろうと思って、別の先生に来てもらうようにしました。息子が中学に入って、まもない頃です。

その家庭教師を続けられなかった理由はなんですか?

お父さん息子に最初につけた家庭教師の先生は、元々、塾をメインに、受験を担当していた先生でした。受験を目的としているので、どんどん先を教えて行くスタイルです。
うちのこどもは学校で今やっていることがわからないから、そこを教えてほしいんですけど、その家庭教師は、学校の授業より先を行っていました。

家庭教師が出す宿題は、先の先、まだ勉強していない部分です。毎週出される1週間分の宿題が、たとえば10問出されると、2?3問はわかるんですが、7問くらいは、まだ習っていない、先の問題。「習ってない問題出されてもわからない」とこどもは言っていました。

本人が努力して、参考書を読んだり、調べれば解けるんでしょうけど、うちの子はそこまでできません。結局、わからない問題は全然わからないので、息子は投げやりになりました。そんな状態が続き、勉強が身になることなく、次第に息子のやる気がなくなっていきました。このままではよくないと思い、ゴーイングに変えました。

同じところで、担当家庭教師を変えてもらおうとは思いませんでしたか?

お父さん先生との相性の問題ではなく、教えるスタイル、方針が根本的にちがうと思いました。 わからないところを聞けば教えてくれる、それ以外は本人がやるのをただ見ているだけ。そういうスタイルが、そこのスタイルでした。担当の先生を変えても、これだったら無理だなあと感じました。

息子の変わりっぷりに、家族も大喜び!

ゴーイングの大学生の家庭教師に不安はありましたか?

お母さん以前の先生は長年、塾などで教えてきた社会人でした。最初にゴーイングの担当の先生について聞いたとき、大学一年生ということで、経験もたぶんないだろうなあと不安に思いました。

担当の家庭教師は実際、いかがでしたか?

お母さん大学生で、年齢が息子に近いということもあって、親近感があり、すごく落ち着いて勉強できるようになりました。先生が勉強方法を自分で書いてくださり、現実のご自分の勉強のやりかたを教えてくださっているようです。
息子本人に聞いたり、やった内容を見ても、社会人の先生に教わっていたときよりも、よく勉強しています。 何よりも、本人が「今の先生のほうがいいな」と言っています。

他社からゴーイングに変えて、息子さんは変わられましたか?

お母さん息子は、以前は「大学は必要ない」なんてこと言っていました。でも大学生の先生と勉強するようになり、先生の話から大学の雰囲気が伝わってきたんでしょうね。「大学に行きたいな」って言うようになってきました。 それもひとつよかった点です。

お父さん息子自身が自分で問題を解くようになりました。
以前の先生はベテランで、上手に解いてみせてくれましたが、それで終わり。次に息子自身がどうやってやろうかというところまで行かない。

今は自分でやる感じになって、できたときは「あ、全部自分でできた!」。息子自身のできた喜びが感じられます。やはり同じ学生であり、年齢も近いので、実践的な教え方をしていると思うんですよ。近い立場で教えてくれるので、こどもも入りやすいんじゃないでしょうか。


さぁ、次はお子さんの番です!!

もし今、このインタビューを最後までお読みくださった方の中で、「何とかしたい!!」と思われた方がいらっしゃいましたら、今こそ、「勉強が苦手な子」から卒業するチャンスです!私たちゴーイングの22年の実績にかけて、"やり方"必ず教えます!!

今すぐ「体験レッスン」を受けたい!!

【無料】お見積もり・資料請求 お問い合わせボタンお電話はコチラから無料体験のお申し込みコチラ資料請求のお申し込みコチラ