勉強から逃げてしまいそうになっているお子さんへ

今、勉強で“希望や未来が見えない子”が多いことに驚くばかりです

「勉強ができないから…」、「自分はバカだから…」など、お母さんから見てお子さんが投げやりになっている姿や劣等感を抱えているように感じたことはありませんか?

もし心当たりがあるお母さん、5分でかまいませんので私たちにお時間をください。
そして、ぜひ最後まで読んでみてください。

まず、私たちにご相談いただいたお母さんの“切実な声”をお聞きください。

「上手な言葉もかけられなくて…」
本人も「このままではいけない」と思っているようですが、どうすれば良いのか困っています。何よりちっとも楽しそうに毎日を送っていないことが気になります。二言目には「どうせオレはダメなんだ」と言って努力を放棄します。私では上手な言葉もかけてあげられないこと、ジレンマの毎日です。

「このままでは将来が心配で…」
中学に上がってからというもの、勉強に向き合えていないように感じます。「どうせバカだから、勉強なんて面倒くさい」が口グセです。目標を聞いても「別にどうでもいい、ホームレスになる!」などと、わざと私が困る言葉を発言します。そんな息子を見ているととても心配です。

このような声を受けて、「ウチもまったく一緒…」と思われる方や「ここまでひどくはないけど…」という方ももちろんいらっしゃるでしょう。

ですがここで言いたいのは、このような子は決して特別ではないということです。
今の小中高生に限って言えば、勉強でやる気を失っている子どもの多くに、“劣等感”や“諦め”にも近い感情があるのかもしれません。そのため、「自分は頭が悪いから勉強ができないんだ…」と自分に言い聞かせ、未来まで決めつけてしまっている…これはとても悲しいことだと私は思います。

そもそも、この“劣等感”や“諦め”はどこから生まれるの?

ご紹介が遅れて申し訳ありません、私は家庭教師のゴーイングで代表をしております齋藤(さいとう)と申します。

「勉強が苦手な子を救う家庭教師!!」という使命を自分に掲げてから、そんなお子さんたちと一緒に「どうやったら勉強に楽しみながら取り組めるか」日々奮闘する中で、日本メンタルヘルス協会の公認心理カウンセラーの資格を取りました。

お子さんへのアドバイスやご家庭の悩みの解決など以前よりは大分幅が広がって喜ばれることも増えたなぁと実感はしていますが、今もまだまだ勉強中の身…。初心を忘れず、そして、楽しみながら学んでいきたいと思っています。

そんなある日、児童心理学を学んでいく中で『アドラー心理学』というものに出会いました。ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご紹介すると…
アドラー心理学は、オーストリアの精神科医であるアルフレッド・アドラー(A.Adler)が創始した心理学で、別名『勇気づけの心理学』とも言われています。近年では学校教育にとどまらず社員教育の場でも広くその考え方が実践されています。
(ここでいう「勇気づけ」とは「困難を克服する活力を与えること」を指します)

アドラー心理学では「劣等感」について、劣等感 と 劣等コンプレックスに 分けて解説していますが、私たちが普段使っている「劣等感」は少し理解が間違っていることがわかったのです。これは私にとって目からウロコの衝撃でした。

「劣等感」
その人が他と比べて主観的に劣っていると感じること。客観的な断判ではなく、あくまでも個人的に理想の自分と比べて、まるで劣っているかのような感覚を抱くこと。

「劣等コンプレックス」
自らの“劣等感”をある種の言い訳に使い始めた状態のこと。「できない理由」を本来は因果関係のないことと結びつけ正当化し、自分を納得させてしまうこと。

つまり!わかりやすく言うと

●劣等感…他の人と自分を比べて、「私はこの程度の価値しかない(頭が悪い)」など自分で思い込んでしまうこと。

●劣等コンプレックス…「もともと頭が悪いから、勉強できなくて当然…」など、劣等感を「言い訳」にしてその問題から逃げてしまうこと。

アドラーは「劣等感を抱くことは正常であり、何も悪いことでははない」と述べています。
劣等感は誰もが持っているものですが、それをバネにすることで課題や悩みを乗り越えることができるからです。自分の劣等感を取り除くため、より前進しようとする。現状に満足せず一歩でも先に進もうとする。こうした劣等感のあり方には何の問題もないと伝えています。

ところが、劣等コンプレックスは先に進むという一歩踏み出す勇気をくじかれ、「状況は現実的な努力によって変えられる」という事実を受け入れられないこと。
つまり、何もしないうちから「がんばってもムリに決まってる…」と、諦めてしまうこと。

今、お子さんはどちらの状況に当てはまりますか?

私は過去22年で1万人以上のお子さんと喜びや苦しみを分かち合ってきましたが、「どうせ○○だから…」という発言を聞くことほど悲しいことはありません。
「今まで何をやっても続かなかったし…」、「またできないかも…」と躊躇してしまう気持ちも痛いほどわかります。ですが、だからといって「明るい希望が持てないか?」というとそんなことは絶対にありません。

中高時代はヤンチャばかりで勉強が大っ嫌い。親を泣かせたことも一度や二度ではなかった私にもできたように、未来を変えるのは、一歩だけ踏み出す“勇気”さえあればどんな子でもできることなんです。
「このことをお子さんに今こそ伝えたい!」そう思って今回このページを作りました。

最後に、アドラーはこう言います。

“変わることの第一歩は、知ることにある”

誰だって自分が得意ではないことや知らない世界に踏み出すのは怖いです。
できれば今のまま変わらないのが一番居心地が良く思えます。
ですが、お子さんの中にある「本当は○○できるようになってみたい!!」という素直な気持ちに気づいた時こそ、変わるきっかけです。

家庭教師のゴーイングは勉強のやり方を教えるのはもちろんですが、まずは今のお子さんの正直な気持ちを引き出しそしてどういう未来にしたいのかを一緒に考えるお手伝いをしたいと思っています。
キレイごとでもなんでもありません。“どんな未来でも作れること”、私たちがそれを身をもって証明します!

このページを読んで、「うちの子も何とかしてあげたい!!」と感じていただけた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、私たちゴーイングにお手伝いさせてください。
今なら、小中学生を対象に『無料の体験レッスン』をやっています!

この体験レッスンはたった1回にすぎませんが、「お子さんのためにまずは何をすればいいか」という具体的な選択肢を一緒に考えていける良いきっかけになると思います。

お子さんの勉強について少しでも気になることや相談したいことがあれば、どんな小さなことでもかまいませんのでゴーイングまでお電話ください。

特に思春期のお子さんは、気持ちでは「こうなりたい」と思っていても、肉体面での「できること」のギャップに苦しんで、できない自分から逃げてしまうことがよくあります。そういった時にどういったフォローができるのかなどもアドバイスさせていただくことができると思います。

【無料】お見積もり・資料請求 お問い合わせボタン お電話はコチラから
  • 無料体験のお申し込みコチラ
  • 資料請求のお申し込みコチラ