余白
家庭教師のゴーイング ゴーイング体験談 成績アップ・合格インタビュー ケンタロウくんとお母さん(藤沢市)
成績アップ・合格体験談

勉強は嫌いで困っていましたが、ゴーイングに会って…

勉強は嫌いで困っていましたが、ゴーイングに会って…ケンタロウくんとお母さん(藤沢市)

藤沢市の海岸近くに、御主人、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、長男のケンタロウくんと小さい妹二人の合計7人の大家族で生活。ケンタロウくんは地元の小中高一貫の学校に通学する中学1年生。ゴーイングの家庭教師は2010年3月から開始。

国語テストが9点!?これは何とかしなきゃと...

前田先生
お母さんが、ケンタロウくんに家庭教師をつけようとお考えになったのは、どういうきっかけからだったのですか?

お母さん
ケンタロウが5年生の時の学年末テストの成績があまりにも悪すぎて、国語なんて9点だったんですね。この子があまり勉強が好きな方じゃないとはわかっていたし、私も子供時代は、勉強とかぜんぜん好きじゃなかったですし、だから、そんなにギスギスすることもないとも思いますし、それで小中高の一貫校に入れたんですけど、さすがに9点はちょっとまずいよと。
すごくできなくてもいいんですけど、でも、まわりに、そこそこついていくぐらいの点数は取れてほしいというのが、親としては正直なところでした。

前田先生
塾に行かせることは考えましたか?

お母さん
塾はケンタロウがいやがりましたから。「昼に学校で勉強して、夜も塾だと、あんまりにも一日中、勉強、勉強という感じで嫌だ…」と言うんですね。その気持もわかるなあと思いましたけど、でも、何とかしなくちゃいけない。

そんなある日に、スーパーにゴーイングのチラシが置いてあったのを見て、あ、もう、これでいいいやと思って決めちゃいました。とにかく、何か始めることが大事だと思いましたし、ケンタロウに「家庭教師ってどう?」と聞いてみても「うん、やってみる」と返事がありましたから。

第一印象 → 可もなく不可もなくの人

前田先生
そして去年の5月にはじめて僕が来たわけですけど、お母さんにとって、僕って第一印象はいかがでしたででしょうか。

お母さん
ごめんなさい、そのときは、正直、「可もなく、不可もなく、フツーの人だなあ」という印象でした。でも、いやなかんじはぜんぜんなかったですよ!

前田先生
それから、週イチ一時間半のペースで家庭教師を始めましたが、最初の半年は、なかなか成績が上がらなかったんですよね。その頃は、お母さんとしては、内心、どんな気持だったのでしょうか。

お母さん
やっぱり、すぐに結果が出るとかそういう話じゃないと思うし、それより何より私としては、週に一回でも定期的に勉強しているという状態が実現するだけでも、じゅうぶん安心感がありましたし。とにかく勉強する習慣がついてほしかったわけですから。

半年経ったら → 結果が出てきた!

前田先生
でも、半年後ぐらいから、結果が出てきたんですよね。特に漢字のテストがよくなりましたよね。

お母さん
そう!ケンタロウは前はもう漢字が苦手で苦手で、テストでも10問ある中の1、2問しか解けなかったのが、この間なんて98点ですよ! やっぱり、数字に出るとうれしいですよね!

前田先生
国語の他に、ケンタロウくんは算数も良くなったと思うんです。
本人には、もともと算数に苦手意識はなく、むしろ好きな教科だったらしいのですが、ちょっとした計算ミスなどで点を失っていて、もったいない状況でした。でも、最近はそういうケアレスミスがずいぶんなくなってきて、それがテストの点の向上にもつながっているようです。

お母さん
そうですね。そういえば国語だけじゃなく算数の得点も上がってますよね!

勉強する習慣がだんだんついてきて、親としては気がラク!

前田先生
ところで、お母さんから見て、ケンタロウくんの勉強への態度というのは変わったように思いますか?

お母さん
変わりましたよ!昔は、ぜんぜん勉強しなくて、宿題なんかも、いやいや、だらだらやってる感じでしたけど、最近はパッと腰を上げて、テキパキッと片付けるかんじです。ウチは下の子、二人もまだ小さいので、ケンタロウに勉強のことであれこれ言わなくてすむのは、親としては気がラクですよね!

前は、テストの度に「勉強しなさい」って私が言わなきゃいけなかったんです。一応は、言うんです、親として。でも言ってもダメでしたね。そりゃそうですよね。私が言うだけで何とかなるのなら家庭教師、はじめからいらないですよね。
今は前田先生のおかげで勉強の習慣がついてきたので、助かってます。週に一回、一時間半の勉強ではあるけれど、やっぱり、たかが週イチされど週イチだと思います。

勉強の習慣をつけさせるコツは、指示は細かく!

前田先生
ポイントはいくつかあるのですが、「勉強の習慣をつける」という意味では、「宿題などの指示は【細かく】出す」ことが大事だと考えています。 「宿題ちゃんとやろうね」というのではなく、「何を、いつまでに、どれだけ」やる必要があるのか、それを明確に伝えるようにしています。勉強する習慣がない子供の場合は、小さく確実な目標を与えて、それを達成する経験を積み重ねることが重要です。

その積み重ねが【勉強する習慣】に結びつくのです。僕ら家庭教師の役目は、勉強を教えることよりも、勉強のやり方を教えることだと思っています。僕はこのことをゴーイングの研修で学び、今回、実行してみて、上手く行きました。でも、ケンタロウくんの成績が上がった一番の理由は、やっぱり本人が素直にまじめに取り組んでくれたからだと思っています。

お母さん
今のお話を聞いて、なるほどな!と思いました。前田先生、これからもよろしくおねがいしますね!

前田先生
こちらこそ、良い家庭教師体験をさせていただいており、ありがとうございます。これからもがんばります!

体験レッスンの受け方は2つあります。

自宅で楽しく体験レッスン

先生と仲良くなって、みなさんが想像しているよりも盛り上がることがホントに多いんです。親子で明るい未来が見えて「家庭教師のイメージが変わった!」「本当に来てもらってよかった!」と笑顔になってもらえる自慢の体験レッスンです。

オンラインで気軽に体験レッスン

「コロナが心配…」「もっと気軽に受けてみたい」という方に好評です。ノートパソコンやタブレットが見やすくておすすめ!(スマホでもOK)準備や設定はカンタンなので安心してくださいね。スタッフが分かりやすくご説明します!

無料の体験レッスンのお申込みはとってもカンタン♪
お電話からお申込み
無料の体験レッスンを受けたい

担当の水巻(ミズマキ)または代表齋藤(サイトウ)に伝えるだけ!

電話番号

受付時間 9:00~23:00 土日祝日OK!
小中高対象不登校・発達障害のお子さんにも実績と自信があります!

成績アップ係ミズマキ
「今知りたい!」が即解決!2大特典つき
  • 塾
  • 暗記法の極意
  • うれしい!ほしい!そんな声がドシドシ届いています!
なんでも相談ダイヤル

お悩みがあれば、いつでも無料でご相談にのっています。
どんなお悩みでも親身にお応えいたしますので、お気軽にご連絡くださいね。

勉強が苦手な子ほど、期待を超えた体験になることをお約束します。

対象学年 小学生/中学生/高校生 小中高生対象 学校補習 苦手克服 受験対策 不登校 発達障害

©1995 家庭教師のゴーイング

ページトップへ