子どもへの対応

不登校の中学生って留年するの?留年のリスクを回避する方法を解説

この記事を書いた人

大森 公平 / 家庭教師のゴーイング 不登校サポーター

「中学生でも留年するの?」

「中学生の留年って聞いたことないんだけど、どうすればいいのか?」

「中学生で留年したら、その後どうなっちゃうの?」

こんなお悩みを抱えているかもしれません。

当たり前の話ですが、不登校の子どもたちは出席日数が足りなくなる可能性があります。

そんな状況に気づくと「もしかしたら留年してしまうかも?」や「進級できないかもしれない…」といった不安な気持ちになりますよね。

そこで今日は、不登校の中学生の留年について解説していきます。

親御さんはどのようなサポートをすればいいのかも解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

お子さんの勉強でお悩みなら、家庭教師のゴーイングの体験レッスンを受けてみませんか?

ゴーイングは、勉強が苦手なお子さんでも『わかる楽しさ』『やればできる』を実感し、短期間で成績アップに導く家庭教師です。
まずは、ゴーイングのホームページで他との違いを比べてみてくださいね。

不登校の中学生って留年するの?

中学校は義務教育になるので、留年という状況は一般的にはなりません。

しかし、特別な事情がある場合には、例外的に進級できないことがあります。

中学生時点で進級できないケースは極稀ですが、お住まいの地域や学校の方針によって異なりますので、確認してください。

中学生の留年の決定は学校や教育委員会によって行われ、特別な場合でのみ適用されます。

ただし、出席日数だけでなくテストの点数や内申点が足らないと感じた場合は、学校と連絡を取り、適切なサポートを受け、学力をあげるように支援する必要があります。

とはいえ、不登校でも中学生は留年することは稀であると知っていると、安心感を持てるでしょう。

不登校の留年の心配を回避する方法

不登校でも中学生は留年しませんが、勉強の遅れや全く出席していない現状を考えると、お子さんも親御さんも「どうしたらいいの…?」と、常に不安な気持ちになってしまいます。

そのような不安があると、精神的にもまずます疲弊するので、出来る限り、留年の心配や内申点が足らない状況を回避する手段を取っておきましょう。

具体的な留年回避方法は次のとおりです。

  • 学校とコミュニケーションを取る
  • 個別の学習計画の進める
  • オンライン教育の活用
  • 塾や個別指導の検討
  • 社会経験をしてスキルアップ

留年の心配を回避する手段として、まずは初めに学校とコミュニケーションを取っておく方法を紹介します。

基本的に学校との連携が取れれば問題なく、進級できる可能性が高くなるので、まず対策を優先しましょう。

中学生の留年回避方法①学校とコミュニケーションを取る

お子さんが学校に行かない理由や問題を、学校と共有することは重要です。

学校との連携がなくなれば、先生方もどう動いたらいいかがわからなくなってしまい、結果留年の選択をしてしまう恐れがあります。

以下に、学校との具体的なコミュニケーションの取り方を解説します。

学校とのコミュニケーションの取り方

学校とのコミュニケーション取り方の具体例をあげると以下のとおりです。

  • 情報共有
  • 学業の進度を知る
  • サポートの提供を受ける
  • 面談する
  • 電話やメールを使う
  • 書面で連絡する

それぞれ解説します。

情報共有
家庭事情を先生に話すことは、不登校の子供を持つ親御さんと学校との間で信頼関係を築き、親子が学校復帰のタイミングを掴む助けとなります。

先生からは学校の行事やテスト、クラスの状況、勉強の進捗などを定期的に共有されます。
先生からの情報を元に親子は学校の環境を理解し、再登校に向けた前向きな気持ちと安心感を持てるようになるでしょう。
これらは情報共有のメリットなので、不登校の子どもを持つ親御さんは先生と密に連携を取るようにしてください。

学業の進度を知る
子どもの学業の進度や課題を知ることも大切です。
再登校に向けた準備の中には学力のベースを上げることも含まれるため、対策する必要があります。
たとえば、先生から現在方程式を習っていますなどの情報があれば、ご家庭で対策もできるでしょう。
これによって問題が早期に発見され、対処が容易になります。
サポートの提供を受ける
学校側にはスクールカウンセラーが所属し、不登校のお子さんへのサポートを提供していることもあります。
また学校の先生も子どもに対する協力を惜しまないでしょう。

学校の教師やカウンセラーは、子どもの学習ニーズを理解し、適切なサポートを提供するために協力してくれます。
問題を共有することで、お子さんに合ったアプローチが簡単に発見される場合もあるので、積極的に活用してください。

面談
学校の先生やカウンセラーとの面談をしましょう。
この場で子どもの状況やニーズについて話し合いがおこなえ、子どもがどうしたら再登校できるのかもわかりやすくなります。
親御さんのみの面談でもいいですし、子どもを含めた三者面談なども考えてください。
電話やメールをする
学校の先生と電話やメールでコミュニケーションをとることも欠かせません。
というのも、親御さんは働いている場合も多く、スキマ時間を活用したコミュニケーションをすることで、ご家庭の中での時間を大切にできるからです。
たとえば、昼休憩の間にメールをするなど、簡単に連絡を取りたいときに重宝するでしょう。
書面での連絡をする
重要な情報を文書にまとめ、学校に提案することもおすすめです。
電話や面談時などでは議事録が取られるわけではないので、先生に話したい内容で抜け漏れが発生してしまう恐れもあります。
であれば、書面を使って問題や重大事項を明確に伝えることが正しい場面もあります。
学校とオープンで協力的な関係を見据え、問題を解決するためのチームとして協力しましょう。

中学生の留年回避方法②個別の学習計画の進める

お子さんに合った学習計画を立てることは、留年のリスクを回避し、適切なサポートを提供するための重要なステップです。

  • 子どもの強みや問題点を発見する
  • 学習目標の設定をする
  • 学習スケジュールの調整をする

以下に、具体的な方法を説明します。

1. 子どもの強みや問題点を発見する

子どもの学習スタイルや強み、問題点を発見しましょう。
どの部分に弱みを持っているかを確認することは大切です。
過去の成績、試験の結果、先生に直接聞くなどで見つけられます。

2.学習目標の設定をする

子どもと一緒に、学習目標を設定しましょう。
学習目標は、特定の科目、定期テストに向けると良い結果をもたらします。

目標は達成可能かつスモールステップ式で、子どもにとってモチベーションを引き出すものにすることが大切です。

3. 学習スケジュールの調整をする

子どもの学習スケジュールを作成し、子ども自身のペースに合わせて調整しましょう。
子どもの学習スケジュールは休息の時間なども含め、無理のないスケジュールにする必要があります。
留年の不安を軽減するために、適切なペースで学習できるように計画を立てることがおすすめです。

中学生の留年回避方法③オンライン教育の活用

不登校の中学生にとって、オンライン教育は留年の不安を軽減し、柔軟な学習環境を提供する効果的な手段です。
具体的な活用方法は次のとおりです。

  • 子どもに合ったオンライン学習プラットフォームを見つける
  • カスタマイズされた学習計画を立てる
  • サポートと指導を受ける
  • 学習の進捗をモニタリングする
  • 質の高いオンラインコンテンツを活用する
  • モチベーションと時間管理をする

以下で詳しく説明します。

1.子どもに合ったオンライン学習プラットフォームを見つける

オンライン学習のプラットフォームを選びましょう。
公立の遠隔教育プログラムや信頼性のあるオンライン教育機関は、様々な科目やカリキュラムを提供しています。
昨今では不登校児童が増加している背景から多くの教育機関が、自宅でも効率的に学べるプラットフォームを作成しています。
子どもの学習ニーズに合ったプラットフォームを選ぶようにしましょう。

2.カスタマイズされた学習計画を立てる

オンライン学習は子ども自身にあわせた変更が簡単です。
子どもの学習ペースとスタイルに合わせて学習計画を柔軟に調整しましょう。
たとえば、遡行学習をしようと考えたら、小学生のカリキュラムに遡ることも可能でしょう。
そのため、子どもは効果的な学習環境を整えられます。

3. サポートと指導を受ける

オンライン学習中は、子どもへのサポートが必要です。
親御さんや先生が子どもの進捗をモニタリングし、質問や疑問点に対応するようにしましょう。
たとえば、確認テストを挟むなどの対応をして、進捗と理解度チェックをすると効果的です。
また、一部のオンラインプラットフォームにはオンラインチューターが提供されることもあるので、積極的に活用しましょう。

4. 学習の進捗をモニタリングする

オンライン学習は進捗モニタリングが簡単です。
子どもの学習データを定期的に確認し、どの科目で進んでいるか、どこでサポートが必要か把握しましょう。
問題が早期に発見されれば、適切な対策が簡単で楽しくなります。

5. 質の高いオンラインコンテンツを活用する

オンラインコンテンツの質は子どもの学習効率に密接に関わってくるので、必ず確認しましょう。
いつも使っているものだからとおろそかにしていると、いい教材を見逃してしまう恐れもあります。
多くのオンライン教材があり、子どもの学習ニーズに合わせてカスタマイズできるので、選定は常におこなってください。

6. モチベーションと時間管理をする

オンライン学習においては、モチベーションと時間管理が重要です。
子どもの学習へのやる気を維持させ、効果的な学習スケジュールを立てましょう。
オンライン教育は不登校の中学生にとって留年の不安を回避する効果的な方法です。
適切なプラットフォームを見つけ、子どもの学習経験を最適化してあげましょう。

中学生の留年回避方法④塾や個別指導の検討

不登校の中学生が留年の不安を回避するために、塾や個別指導を検討することも大切です。
塾や個別指導の重要性も解説しつつ、メリットも提示します。

具体的な内容は以下のとおりです。

  • 塾や個別指導の重要性
  • 塾や個別指導の選択方法
  • 子どもに合ったサポートを受けられる
  • スケジュールを調整できる

以下に、塾や個別指導に関する詳細な情報を解説します。

1. 塾や個別指導の重要性

塾や個別指導は、子どもが特定の科目や単元で苦労している場合に、重点的にサポートすることも可能です。
たとえば、国語に苦手を抱えているのなら国語だけ受講することもできます。
このようなサポートがあると、子どもは「わからないところは先生に聞ける」と学習への不安や負担を軽減できるので、安心して学べます。

2. 塾や個別指導の選択方法

塾や個別指導(家庭教師など)を選ぶ際に、信頼性と評判を確認しましょう。
塾や個別指導は民間の教育機関になるので、質が一定に保たれていない恐れもあります。
非効率的な学習を進める塾だと、子どもの将来にも関わるため注意してください。
また他の親御さんや教育専門家からのアドバイスを受けることも役に立ちます。

3.子どもに合ったサポートを受けられる

塾や個別指導を受けるメリットには、子どものニーズに合わせてカスタマイズすることが可能な学習方法である点があります。
特定の科目や単元に焦点を当て、子どもが困難を乗り越えるのを手助けします。
仮に数学が苦手であれば、小学生に戻って苦手を克服することもあるでしょう。

4.スケジュールを調整できる

塾や個別指導プログラムは、子どものスケジュールに合わせて調整できます。
民間教育機関であり受け持ちの子どもが少ないので、柔軟な対応をしてくれるでしょう。
学業と他の活動とのバランスを取りながら負担を感じることなく、学習することも可能です。

5. モチベーションと継続的なサポート

塾や個別指導は、子どもの学習に対するモチベーションを高めるのに役立ちます。
また、進捗状況を監視し、継続的なサポートを提供してくれるため、親御さんの負担を軽減してくれるでしょう。
塾や個別指導は、子どもが学習の壁を乗り越え、留年を回避する手助けとなります。
適切なサポートを受け、子どもの学業の成功に向けて前進しましょう。

中学生の留年回避方法⑤社会経験をしてスキルアップ

学校以外でも社会経験を積むことは大切です。
子どもが友達と交流し、新しいスキルを学び、自己成長する機会を提供しましょう。
このような体験の積み重ねが自己評価を向上させ、自信を持たせます。

以下の項目では、子どもに社会経験させる方法を紹介しておきます。

1. 社会活動とクラブ参加

子どもが興味を持つ社会活動やクラブに参加することを奨励しましょう。
新しい友達と出会い、共通の趣味を共有する良い方法です。
また、リーダーシップやコミュニケーションスキルを向上させる機会ともなるので、積極的な参加をおすすめします。

2. ボランティア活動

ボランティア活動に参加することは、社会貢献の機会を提供し、親御さんは子どもの価値観を把握できます。
ボランティア活動は課外活動の一環であり、高校によっては評価点として得点に加算される場合もあります。
もちろん、受験だけのためにするのはもったいないですが、1つのメリットとして考えておくといいでしょう。

3. アウトドア活動

アウトドア活動は、自然との触れ合いや健康的な運動によって、子どもの成長に貢献します。
キャンプ、ハイキング、スポーツ、または新しい活動、冒険心を育てましょう。
このように、子どもには自己成長の機会を提供し、目標を設定する習慣を養うことが重要です。

不登校だからこそ、子どもの可能性を信じてあげよう!

この記事では、不登校の中学生とその家族が留年の不安やリスクを回避し、正しいサポートを受けて学習を続ける方法について詳しく説明しました。

不登校の中学生はまれに留年のリスクがありますが、冷静に対応し、適切なアプローチとサポートを提供することで、子どもの学業と将来への道を明るく照らすことは可能です。

ただし、出席日数だけでなくテストの点数や内申点が足らないと感じた場合は、学校と連絡を取り、学力をあげるように支援する必要があります。

学校とオープンにコミュニケーションをとり、子どもの状況やニーズについて話し合い、問題を早期に発見するようにしましょう。

学力をあげるように支援する場合は、子どもに合った学習計画を立て、オンライン学習プラットフォーム等を活用し、柔軟な学習環境を提供できるようにしましょう。

また、追加のサポートが必要と感じたら、塾や個別指導プログラムを検討しましょう。

さらに、勉強だけでなく、学校以外の社会経験の場を提供し、子どもの自己評価を向上させましょう。友達と交流し、新しいスキルを学ぶことができれば、子どもは驚くほど成長するものです。

このような支援を続けていけば、不登校であっても未来への展望は明るく、豊かなものになります。最も重要なのは、親御さんの愛とサポートが子どもにとって大きな力となることを信じることです。親御さんはいつでも、子どもの可能性を信じてあげてください。

不登校サポート資料

この資料でわかること

  • 不登校の心の4つの状態
  • 勉強をスタートできるのはいつ?
  • 不登校の子におすすめの勉強法 など

不登校でも、勉強の遅れを一気に取り戻せる方法をご紹介!

お子さんが勉強を再スタートするとき手元にあると安心できる!

無料で受けとる

この記事を書いた人

大森 公平 / 家庭教師のゴーイング 不登校サポーター

メッセージ:
『成績は最悪、自信のカケラもない…』どうしようもなかった僕がここまで来れたのは奇跡でも何でもありません。とは言え、勉強は孤独や退屈になりがちです。そんな生徒達に寄り添って力になりたいです。

家庭教師のゴーイング不登校ページバナー

アクセスランキング

ピックアップ