家庭教師のゴーイング コラム 不登校 再登校不登校の原因となる起立性調節障害を自宅で治す方法 その1

不登校の原因となる起立性調節障害を自宅で治す方法 その1

この記事の著者

水巻 晃子 / 家庭教師のゴーイング サポート責任者

お子さんが朝どうしても起きられず、学校に遅刻した状態でしか登校できないでいると、そのまま不登校になってしまう事は多いです。

「自立神経の不調だし仕方ない」とあきらめていませんか?

もしくは専門家に相談した結果、薬物療法でなんとかなると思い込んでいませんか?

でもちょっと待ってください!
自立性調節障害の原因は、もしかしたら身体の浮腫みにあるのかもしれません。

そこで今日は、自立性調節障害の原因とメカニズム、さらに治し方までカンタンに解説していきます。
これを読むとお子さんだけでなく、ご家族全員が元気になれる方法がわかりますので、ぜひ最後までお読みください。



自立性調節障害で不登校になってしまった子は、朝、顔が浮腫んでる!?

朝、起きられなくて辛そうなお子さんの顔を思い浮かべてください。

顔が腫れて、目元がポテッとしていませんか?

18歳未満のOD男子165名とOD女子177名およびそのお母さん、18歳以上のOD女性41名の浮腫みについての調査をした結果は、約半数が「浮腫む」と答えました。

さらに18歳以上のODの女性は100%が「浮腫む」と回答しています。

これから分かる事は、まず起立性調節障害は大人になっても治らず、余計に酷くなる、ということ。

またODの多くの子が浮腫みを実感しているということです。

※ODとは起立性調節障害の別名です。
(Orthostatic Dysregulation)



起立性調節障害の原因となる浮腫みは、夜寝ると頭に集まってしまう!?

夕方になると足が浮腫むのは、誰でも経験があると思います。

つまり浮腫みは、移動するのです。そんな浮腫みやすい人が横になったらどうでしょう?

夕方には足に浮腫みが移動したように、頭に移動するのです。

すると血管が圧迫され、血流が悪くなります。

ズバリ、この血流の悪さが起立性調節障害の原因となっている可能性があります。



不登校の原因となる起立性調節障害の子の、朝の特徴

起立性調節障害の子は、朝、大抵以下のような状態だと思います。

・ぼーっとしてる
・顔色が悪い
・何も考えられない
・頭がホワンとしている
・起きてすぐに活動できない

これらはすべて、浮腫みによって血流が阻害され、脳に血液が届かないことによって引き起されることです。

もしお子さんを見て思い当たることがあれば、浮腫みを取る方法を実践してみましょう!

起立性調節障害の原因となる浮腫みの原因は食生活!

まずは食生活を変えていきましょう!

・玄米食にする
・油、醤油、味噌、砂糖、塩などの調味料だけでも本物を使う
・塩麹や甘酒を調味料として活用する

まずは、これだけ実行するだけで身体はかなり変わってきます。

自然療法家が口をそろえて言うことは、「まず腸から健康に」です。

腸を気づかった食生活は、ご家族全員が健康に、元気になれる秘訣なのです。



不登校の原因となる起立性調節障害も、自己治癒力で治そう!

これまで、不登校の対処法も起立性調節障害の対処法もいろいろと試されたと思いますが、もしそれらの方法を試しても事態が好転しないのであれば、腸を元気にし自己治癒力を高める方法をみると良いかもしれません。

腸を元気にする方法は、自宅で誰でもカンタンに実行できることです。
一度だけ玄米や本物の調味料、麹を取り入れてみて、それを使い切るまでやってみてください。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のゴーイング