余白
家庭教師のゴーイング 指導法 【読解力】と【計算力】の身につけ方
小学生の指導法の強み

小学生の指導法|【読解力】と【計算力】の身につけ方

その間違い、もしかしてケアレスミスで片づけていませんか?

お子さんのテストを見て「えっどうしてこんな間違いをするの?」「こんなカンタンな問題も間違えたの?」と不安に感じたことはありませんか?

『この中でまちがいを1つ探して○をつけましょう』とあるのに何個も○をつけてしまったり、式の立て方は合っているのに計算ミスでバツだったり…。本当はできるはずなのにバツがついてしまう。こういうミスは本当にもったいないですよね。でも…、もしかして『ケアレスミスしちゃった』『次できればいっか』と済ませていませんか?

これは【読解力】と【計算力】がないことが大きな原因です。

私たちゴーイングは26年間、2万人近くの勉強が苦手なお子さんを指導してきましたが、特に中学生・高校生の勉強が苦手になってしまった原因の一つが【読解力】と【計算力】がないことだとわかりました。小学校の時に【読解力】と【計算力】をつけておかなかったツケがまわってきたんです。

【読解力】と【計算力】は小中高と、さらにその先も一生使う能力です。お子さんが小さいうちに、鍛えれば鍛えるほど伸びていく能力です。反対に…【読解力】と【計算力】がないと、ゴーイングに相談に来る中高生と同じように、この先イヤと言うほど勉強に苦労してしまいます。

だからこそ、今のうちに【読解力】と【計算力】をつけるべきなのです。

なぜ【読解力】が必要なのか

ノートを見る男の子

【読解力】というと国語をイメージされる方が多いと思いますが、すべての科目において不可欠なものです。問題を解く上で文章を正しく読み取ることが重要だからです。

教育業界では常識的な話なのですが、読解力と成績は比例するんです。読解力がないと計算はできるのに文章問題はできない、解説を見ても理解できない、間違った解釈をしてしまうなど、国語以外のすべての科目に大きく影響します。

つまり、読解力はすべての科目を伸ばしていくために絶対的に必要なものなんです。

では、読解力はどうすれば身につくでしょうか。
それは毎日少しでもいいので、お子さんのレベルやペースに合わせて『文章を読む習慣をつける』こと。そして、たくさん会話することで相手の気持ちを汲み取れるようになる『情緒力をつける』ことです。少しずつ積み重ねていくことばかりなので、なるべく早いうちから取り組むことがとても重要になります。

なぜ【計算力】が必要なのか

勉強に悩む男の子

こんなことはありませんか?『ゆっくり解けばできる問題も、テストになると解けない』『さっき解けた問題も、問題数が多くなった途端できなくなる』これは計算力がないことが原因です。さらにこの先、学年が上がれば上がるほど『速く正確に解く力』が求められるようになります。出題数も今より圧倒的に多くなります。つまり計算力がないと、どんどん授業についていけなくなってしまいます。

それだけではありません。答えを導き出せる力があったしても、焦って計算ミスをしてしまう。わかっているのに得点につながらない。こんな悔しい思いをしているお子さんは少なくありません。これが定期テストだけでなく高校受験ともなればどうでしょうか。進学できる学校が変わってくると言っても過言ではありません。お母さんとしてもこれほど悔しいことはありませんよね。

つまり、お子さんが将来、数学のことで悩むことがないように今のうちに計算力をつける必要があるんです。

では、計算力をつけるにはどうしたらいいでしょうか。
小学生のうちから毎日少しずつでよいので、わかるカンタンな計算から解く習慣をつけることが大事です。少しずつ問題のレベルを上げたり問題数を増やしたりして、小さな成功体験を積み上げることで計算がどんどん得意になっていくはずです。

大きく変わる教育制度。
【読解力】【計算力】がカギ

新入試制度のイメージ

2021年1月から大学入試が変わるのをご存じですか?「大学入試?!まだまだ先の話じゃない!」と思われたかもしれませんが、実は、小学生のお子さんにとってもつながりの深いお話なんです。

センター試験がなくなり【思考力・判断力・表現力】が深く問われる【大学入学共通テスト】。この変更により、特に注目すべき点は問題の文章量が3倍になること。つまり、膨大な資料の中から問題の要点を見抜く【読解力】が今まで以上に求められるようになるということです。

今まで以上に必要なのは【読解力】だけではありません。理数系であっても思考力を求められる問題が多くなるため、考える時間をいかに確保できるか。つまり、計算に充てる時間を少なくできる【計算力】が合格の決め手になってきます。

この傾向は、高校入試にも大きく影響することが考えられます。高校・中学、そして小学校の教育制度にも大きく影響してくるということです。こういった現状を考えれば【読解力】と【計算力】を今のうちにつけておくべきだと思いませんか?

【読解力】【計算力】はカンタンには身につかない
そう思っていませんか?

家庭教師の先生と生徒の写真

確かに【読解力】も【計算力】もスグに身につくようなものではありません。毎日コツコツ積み上げて力になっていくものです。「でも、これまでいろんな勉強法を試してみたけど続かなかった」「毎日勉強を見るのが大変なのよ」そんなお母さんに朗報です。

どんなお子さんでもカンタンに・楽しく・自然に【読解力】と【計算力】が身につく方法があるとしたら、知ってみたいと思いませんか?
それが家庭教師ゴーイングのやり方です。

勘違いをしている人が多いのですが、読解力や計算力は本や文章をたくさん読めば良いわけでも、たくさん問題数をこなせば良いわけでもありません。 お子さんのレベルやペースに合わせることが重要です。読解力や計算力はイヤイヤやっても身につくものではないからです。

お子さんが『これならできる!』と思えるレベルとペースで教えられるのは、ゴーイングだからこその強み。正解をすぐに教えるのではなく、対話しながら『どうしてそう思ったのか』『なぜこの答えになったのか』など、お子さんの考えを引き出し【思考力】を養います。『できた!』を実感しながら楽しくお子さんのペースでできるので、無理なく自然に、そして確実に【読解力】【計算力】が身につけることができます。

『勉強っておもしろい!』『もっと勉強したい!』お子さんが自然とそういった気持ちになれるようにやる気を引き出しながらお子さんの可能性を伸ばしていく指導を行っています。

読解力と計算力は、早く始めたもの勝ち!

もし、お子さんの勉強の様子を見て「どうしてこんな間違いをするの?」「こんなカンタンな問題も間違えたの?」と不安に感じているのであれば、今すぐ読解力と計算力をつけるべきです。
『後からでも大丈夫でしょ』と思っていても、中学生になれば部活や課外活動に追われ勉強する時間が取れなくなります。お子さんのペースで読解力と計算力をつけられるのは今のうちです!

今なら無料の体験レッスンでは、楽しみながら自然と【読解力】と【計算力】が身につくゴーイング独自のやり方を実感いただけます。
たった1回の体験レッスンでも『勉強って楽しい』と思えるキッカケにしてみせます。
※入会への無理な勧誘は一切ありませんので、ご安心くださいね。
保護者の方やお子さんが心からやってみたいと思ったときだけお申し込みください。体験レッスンでお会いできることを楽しみにしています。

体験レッスンの受け方は2つあります。

自宅で楽しく体験レッスン

先生と仲良くなって、みなさんが想像しているよりも盛り上がることがホントに多いんです。親子で明るい未来が見えて「家庭教師のイメージが変わった!」「本当に来てもらってよかった!」と笑顔になってもらえる自慢の体験レッスンです。

オンラインで気軽に体験レッスン

「コロナが心配…」「もっと気軽に受けてみたい」という方に好評です。ノートパソコンやタブレットが見やすくておすすめ!(スマホでもOK)準備や設定はカンタンなので安心してくださいね。スタッフが分かりやすくご説明します!

無料の体験レッスンのお申込みはとってもカンタン♪
お電話からお申込み
無料の体験レッスンを受けたい

担当の水巻(ミズマキ)または代表齋藤(サイトウ)に伝えるだけ!

電話番号

受付時間 9:00~23:00 土日祝日OK!
小中高対象不登校・発達障害のお子さんにも実績と自信があります!

成績アップ係ミズマキ
「今知りたい!」が即解決!2大特典つき
  • 塾
  • 暗記法の極意
  • うれしい!ほしい!そんな声がドシドシ届いています!
なんでも相談ダイヤル

お悩みがあれば、いつでも無料でご相談にのっています。
どんなお悩みでも親身にお応えいたしますので、お気軽にご連絡くださいね。

勉強が苦手な子ほど、期待を超えた体験になることをお約束します。

対象学年 小学生/中学生/高校生 小中高生対象 学校補習 苦手克服 受験対策 不登校 発達障害

©1995 家庭教師のゴーイング

ページトップへ