余白
家庭教師のゴーイング 指導法 発達障害
発達障害のお子さんのための家庭教師

発達障害による勉強の遅れ、成績、進路の不安を一気に解決!発達障害の特性を最大限に活かした新常識の正しい勉強法~個性に合わせて、おうちでもオンラインでも対応~集中力が散漫な子でも、コミュニケーションが苦手な子でも大丈夫!今、この勉強法で多くの子が驚くほどカンタンに、授業の遅れや『できた!』のやる気、自信を取り戻しています!|発達障害のお子さんのための家庭教師

はじめまして。家庭教師のゴーイングの代表で、心理カウンセラーの資格を持つ齋藤です。
ゴーイングの勉強法なら、集中力が散漫な子でも、コミュニケーションが苦手な子でも大丈夫!今、多くの発達障害のお子さんが驚くほどカンタンに、授業の遅れや『できた!』のやる気、自信を取り戻しています!
この先を読むだけで、その理由がハッキリとわかります。集中力のなかった子でも勉強に夢中になってしまう方法もわかりますので、必ず最後まで読んでくださいね。
お子さんの明るい未来のために、毎日がんばっているお母さん。「誰も相談する人がいない」「周りの人に理解が得られなくて辛い」「安心して頼めるところがない」など、お悩みや不安を抱えていると思います。
せめて、勉強のことだけでも私たちにお手伝いさせていただけませんか? 私たちの実績にかけて、必ずやる気や自信を取り戻してみせます。

代表・サイトウ

発達障害のお子さんに合う『正しい勉強法』が必要です

ゴーイング代表サイトウ

私たち家庭教師のゴーイングでは、10年以上前から発達障害のお子さんの学習サポートを行なってきました。
お子さんによって特性個性が違うので、最初はベストな解決策や正しい接し方がわからず、うまくサポートができなくて悩んだ時期もありました。でも、専門家の方から教えていただいた知識や専門資格を取得することで発達障害の特性ごとの接し方や正しい勉強法を確立することができ、今では多くの発達障害のお子さんやお母さんの悩みを解決できるようになりました。

そんな私たちの元に『今までいろいろ試したけど、何をやってもダメ』『なんとか自信を持たせてあげたい』『でも、親が付きっきりはもう限界…』そうお悩みの、発達障害の子をお持ちのご家庭からのご相談がここ最近増えています。
そこで!私サイトウが、そんなお悩みにスバリお答えします。

塾やタブレット教材で伸びないお子さんに共通することって?

不安なお母さん

ご相談「療育の先生に、タブレット教材をおすすめされたんだけど、うまくいかなくて…」

ゴーイング代表サイトウ

実は、意外とこういったご相談が多いんです。
タブレット教材は、発達障害のお子さんにとって学びやすい教材として人気ですよね。視覚や音声からの情報を組み合わせて教えてくれるので理解がしやすいですし、何度も繰り返し学習できるので基礎学力も定着しやすい教材です。でも、こういった優れた学習法や塾であっても結果が出ないお子さんもいます。同じ学習法なのに、どうして伸びる子と伸びない子に分かれてしまうのでしょうか。

私たちがこれまで発達障害のお子さんのご相談を10年以上受けてきて分かったこと。
それは、伸びないお子さんに共通するのは『家庭学習が身についていない』こと。家庭学習が身についていないと、どんなに優れた学習法であっても『やっぱり、うちの子じゃ集中力が続かない』『わかった気になっているだけで、いざ問題を解いてみると…』『結局、わからない事が溜まっていくだけで、1人では解決できない』と、10人中8人のお子さんが期待した結果が得られていません。

家庭学習が身についていない子が、伸びないのには2つの理由があります。

ゴーイング代表サイトウ

1つ目の理由は、
これらの勉強法が【一方的な学習】になっているということ。

勉強できる子

一方的な学習とは、例えば、先生が一方的に教科書のポイントを教えてくれたり、問題の解説をしてくれたりするのを聞いて理解するやり方です。もちろん一方的になりやすい塾やタブレット教材でも、問題を解いてわからないところがあったとき、教科書やノートを見て調べて、わからないところを溜めないように計画的に勉強できる子であれば十分成績を伸ばすことができます。

でも、自分ひとりの時に勉強を進められない子にとってはどうでしょうか?

実は、勉強が苦手な子や発達障害の子にとって最も問題になるのは、どうしても『わからないところをわからないまま』にしてしまい『わからない』を溜めてしまうことなのです。

勉強がニガテな子

初めて塾やタブレット教材をやる場合、最初は楽しく取り組めたとしても、一度『わからないところをわからないまま』にしてしまうと連鎖的にわからないところが溜まってしまい、わからないところすらわからなくなります。こうなってしまうと、どうしていいかわからなくなり『もう、やりたくない』『僕にはできない』『どうせやっても…』と、ますます勉強が嫌いになってしまうのです。

ゴーイング代表サイトウ

2つ目の理由は、
塾やタブレット学習だと自己肯定感が高めにくいことです。

発達障害といっても、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)、ADHD(注意欠陥・多動性障害)、学習障害(LD)など、さまざまな種類・症状があります。自分の感情をうまく伝えられなかったり、他の子とは違った行動や考え方によって『周囲の人に理解されない』『他の子のように、うまくできない』『ちゃんとやっているのに、怒られてしまう』と思わされる場面が多く、自信を失っているお子さんは少なくありません。このような発達障害のお子さんにとって必要なことは、自己肯定感を高めてあげることです

僕だってできる!今のままでも大丈夫!と思える心の状態を作ってあげることが大事なんです。

でも、塾やタブレット教材はどうでしょうか。
塾では一人ひとりにかける時間が限られていたり、発達障害に対する理解がなかったりで十分にサポートを受けられない。 タブレット教材の中には【ほめる】機能をウリにしているものもあるようですが、集中力が続かない発達障害のお子さんにとっては、生身の人間と違って同じ言葉の繰り返しになってしまうので、退屈に感じてしまいすぐに飽きてしまって続かないというのが現実です。つまり、一方的な学習ではどうしてもご家庭の方が求めているような自己肯定感を高めてあげることができないのです。

家庭教師に潜む落とし穴

お母さん

じゃあ、家庭教師なら問題ないってこと??

ゴーイング代表サイトウ

確かに、家庭教師であれば、コミュニケーションを取りながら、一人ひとりの理解度に合わせて指導を進めていくことができるので【一方的な学習】になることはありませんよね。

もちろん『わからないこと』があればわかるまで丁寧に教えることができます。お子さんの表情や様子を伺いながら指導を進めることもできるので、学校や塾で質問ができない子でも『わからないところがわからないまま』にするようなことはありません。常に寄り添って教えることができるので、成長に合わせて褒めたり認めたりしながら発達障害の子の自己肯定感を高めやすいのも特徴です。

ゴーイング代表サイトウ

でも、発達障害の子にとって家庭教師だけでは解決できない事が多いのも現実です。

なぜなら、家庭教師の指導は週に1~2回。限られた時間では、指導の間に問題を解いてもらったりコミュニケーションを取ったりしながら、わからないところやつまずいているところを把握するのに精一杯。つまり、ほとんどの時間は自分一人で勉強することになりますよね。この最も長い時間で『わからないところをわからないまま』にしてしまえば、わからないところすらわからない状態になってしまいます。こんな状態では、わからないところを把握するのに時間がとられてしまい、どうしても短期間で大きな成果を上げることが難しくなってしまうのです。

ほとんど一人の時間
不安なお母さん

毎日毎日ずっと付きっきりでいるのはもう限界なのに…
一体どうすればいいの!?

ゴーイング代表サイトウ

そこで!私たちは、他の家庭教師にもタブレット教材にもできなかった独自の勉強法で、今までの常識をくつがえします!
ぜひ、私たち家庭教師のゴーイングに、悩めるお子さんとお母さんのお手伝いをさせてください!

圧倒的な違いを生む、新常識の正しい勉強法とは?

発達障害のお子さんには、1人のときもわからない事がわからないままにならない勉強法と、特性に合わせて自己肯定感を高める指導を選ぶことが重要なんです。

ゴーイング代表サイトウ

それを叶えたのが、家庭教師ゴーイングの【カンタン家勉法】『ゴーイング独自の指導法』なんです。 この2つを組み合わせることで初めて、驚くほどカンタンに自分史上最高の結果を出すことができるようになったのです。まさに、発達障害のお子さんにとってうってつけの勉強法なんです。

発達障害のお子さんにピッタリ!1人のときもわからない事がわからないままにならない、独自のシステム『カンタン家勉法』と、特性に合わせて自己肯定感を高める、ゴーイング独自の指導法

この家庭教師ゴーイング独自の勉強法は、『わからないところをわからないままにしないこと』そして『発達障害のお子さんの自己肯定感を高めること』この2つにトコトンこだわった他には真似できない新常識の方法なんです。全く新しいこの勉強法によって、1人の時でも勉強できるようになり、苦手科目で50点以上アップするなど大きな成果を挙げることでやる気や自信も取り戻しています。

次の章から詳しくご説明します!

わからないところをわからないままにしない
【カンタン家勉法】3つの秘密

テストを作るのも成績をつけるのも、全て学校の先生です。そして、その先生のつけた成績で行ける高校は半分以上決まってしまいます。しかも、勉強時間で最も長いのは、やっぱり学校の授業ですよね。

だとしたら学校は学校、塾は塾、家庭教師は家庭教師と別々に勉強するよりは、学校の授業や教科書に絞って勉強するのが最も効果的なのです。

このことを踏まえた上で、なぜ【カンタン家勉法】が発達障害の子にとって最もカンタンに成績を上げられる勉強法なのか、それには3つの秘密があるからです。
今からその秘密を順番に説明します。

【秘密1】学校の授業や教科書に絞った勉強法

はっきり言って、どんな子でも予習復習なしで基礎学力を定着させたり点数アップさせることは絶対にできません。でも、勉強が苦手な子にこれをやらせるって本当に難しいですよね。そこで、家庭教師のゴーイングでは発達障害の子が10~13分で十分できる独自の予習・復習帳とテスト対策を指導に取り入れています。
実際これを使うことで、家庭教師の先生がいない時でも「わかりやすい・続けられる」と大変喜ばれています。

テキスト画像

実際に授業の前後では…

ゴーイング独自の予習復習帳を使えば、どんな子でも予習が3分、復習が10分で楽しく続けられます。つまり、発達障害の子でもたった13分で一人の時でもカンタンに予習復習やテスト勉強ができるようになっています。しかも、1人の時でも予習復習ができるようになると、最も長い勉強時間になる学校の授業が最大限に活かせるようになるので、短期間で自分史上最高の点数がとれるんです。

勝負のテスト前では…

ゴーイング独自のテスト対策を活用すれば、最短時間でテストに出る問題のパターンがひと通りおさえられるだけでなく、テスト前の【弱いところ】が見つかったとき、教科書のどこが弱いのかがひと目でわかるフィードバックも作ったので、一人でも効率よく勉強ができるようになっています。

【秘密2】学校よりも教科書を効率よく短時間で学べる映像授業

家庭教師の先生が来ない日でも教科書のポイントを自慢のベテラン講師が映像授業でわかりやすく7分前後で解説。図や表にまとめたり理科では実験を見せたりして、勉強が苦手な子が『どうすれば理解しやすいのか』を徹底追及!

映像授業の様子

これが「学校の先生よりもわかりやすかった」と発達障害の子に大好評!
問題が解けない時や、教科書の要点が理解できない時など『解決したい』をこの映像を使えばピンポイントで短時間でも解決できるので『わからない』が溜まりません。
※実際にこの映像を見た複数の公立中学校から「ぜひ授業で使わせてほしい」と依頼を受けたので、無料で提供させていただきました。

【秘密3】『わからない』をその日のうちに解決できる!
LINEやZOOMで24時間質問し放題

『わからないところを溜めない』ために、いつでも『わからない』を気軽に質問できて、その場でカンタンに解決できたらいいなと思いませんか?そこで、ゴーイングでは24時間いつでも気軽に質問できるように、私たちがLINEZoomを使って質問にわかりやすく答えられる体制を作っています。生徒との関係ができているので、勉強以外の相談も増えていて「親や友達には言えないことでも相談にのってもらえて嬉しい」「宿題やテスト前の強い味方!!」そんな喜びの声が毎日のように届いています。

Zoom
ゴーイング代表サイトウ

つまり!秘密1~3の、他には真似できない仕組みで、学校の授業に左右されずに、予習 → 授業 → 復習 → テスト対策と一連のプロセスで、発達障害の子でも繰り返し学習が自然に身につくようになっているのです。一人の時でも『わからないところをわからないままにしない』ことで基礎学力が最もカンタンに身につけられる勉強法、これこそが【カンタン家勉法】なのです。

発達障害・心理学の資格を持った専門チームによる、
自己肯定感を高める指導法

認定資格を持った専任スタッフを中心に、私たちが三位一体でサポートします!

家庭教師のゴーイングでは、他には真似できない独自の指導法を取り入れています。この指導法は、集中力と自己肯定感を高めながら、計画的に勉強のリズムを作ることができるのが特徴です。
発達障害をお子さんへの言葉がけに関しては、お子さんの療育のためにも慎重に対応していく必要があります。ゴーイングでは、児童相談所で22年間ご家庭の悩みに応えてきた児童心理学の権威である平出先生と共同で制作した『魔法の言葉がけ』の冊子をフルに活用し、お子さんのやる気を高める言葉がけをしています。この言葉がけを続けることで、発達障害の特性を活かしながら大きな成果を挙げることができるんです。 これにより、常に他スタッフの知識向上や、家庭教師の研修、ご家庭のサポートの強化を実現しています。

自己肯定感アップした子どものイラスト

発達障害のお子さんにとって、家庭教師は「どうして、こんなのもわからないの?」「さっき、やったばかりだよね?」と『自分を叱る存在』『自分を否定する存在』と思ってしまうケースも少なくありません。でも、ご安心ください。ゴーイングの家庭教師は、発達障害や不登校が原因で過去に勉強でつまずいた経験、そして失敗を乗り越えてきた経験がある先生がたくさんいます。学歴や指導力はもちろん、勉強が苦手なお子さんや発達障害のお子さんの気持ちに寄り添った接し方ができる、人間性の高い先生に厳選してお子さんにピッタリな先生をご紹介できるのも私たちの強みです。

「もっと自分たちの指導経験を活かして子どもの特性を引き出したい」 「他のどこよりも、発達障害特有のお悩みに親身に応えたい」

こんな想いで、いつでもご相談を受け付けています。
「前の塾ではここまでアドバイスしてもらえなかった」「誰にも相談できなかった悩みが解消できた」と喜ばれていることが自慢です。ぜひ、どんな些細なことでもご相談くださいね。

お子さんには発達障害の特性にあった指導が必要です

私たち家庭教師のゴーイングは、お子さんの本来持っている能力を最大限に引き出すために、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)・ADHD(注意欠陥・多動性障害)・学習障害(LD)等、発達障害の特性に合わせた指導を行なっています。

アスペルガー症候群(ASD)

泣いている子ども

アスペルガーのお子さんは、知的な能力には発達の遅れが見られないのに、集団生活が苦手、友だちができないなど、対人関係をうまく築くのが苦手。また、こだわりが強い反面、自分の興味や関心がある事柄でなければ集中して取り組むことができない特性があります。こういった特性を持つお子さんに、家庭教師のゴーイングでは独自の工夫で指導を行なっています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

ノートを放り出す男の子

ADHDのお子さんは、注意力や集中力がない、待つことが苦手、落ち着きがなくじっとしていられないといった特性があり、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つのタイプに分かれます。このタイプ別に合わせて、家庭教師のゴーイングでは様々な工夫をして指導しています。

学習障害(LD)

勉強に困っている女の子

学習障害のお子さんは、知的な能力には発達の遅れはないものの、聞く・話す・読む・書く・計算する・推理するなどが困難な特性があります。主に、読字障害(ディスレクシア)、書字障害(ディスグラフィア)、算数障害(ディスカリキュリア)の3つのタイプに分かれます。こういったお子さんがスムーズに勉強できるように、独自の工夫で指導しています。

『もしかして、うちの子発達障害かも…』『グレーゾーンと言われて不安…』とお悩みの方へ

「グレーゾーン」「発達障害の疑いがある」と言われた。または『同じことが何度言ってもできない』『授業中でも歩き回ったり、落ち着きがない』といったお子さんの様子を見て『もしかして発達障害かも…』と不安を抱えているお母さんは少なくありません。

グレーゾーンのお子さんは症状が軽度なことも多いため、お子さん自身が気づいていなかったり、診断がないために【普通の行動】や【できて当然】ということが求められて学校や塾などで非難されたり、なかなか周囲に理解されず孤独を感じてしまうこともあるかもしれません。

そんなお悩みのお母さんやお子さんに知っていただきたいことがあります。
それは、お子さんの持つ特性を理解した環境の中で適切なサポートを行なうことで、社会にうまく適応できる可能性は非常に高いということです。

ですが、学校や塾でも支援に力を入れているところもあるものの、まだまだ十分にサポートできる体制がないのが現状です。
そんな時こそマンツーマン指導のできる家庭教師、そして適切な指導とサポートができる家庭教師のゴーイングがお役に立てます。
診断が出ていない方や『うちの子、発達障害かも…?』と不安な方は、まずは私たちにお悩みをお聞かせください。

まだ結果の出ない勉強法を続けますか?
それとも…

大事なことなのでもう一度言います。
発達障害の特性を活かした正しい勉強法を選ばないと、お子さんはやる気や自信を失うだけでなく、ますます勉強嫌いになってしまいます。
もし、今の塾、タブレット教材や通信教材で結果が出ていないのであれば、大切なお子さんのために今すぐ私たちの勉強法と比較してみてください。今なら、無料の体験レッスンでカンタンに比較できます。
私たちの信用にかけて、この驚きの勉強法の魅力を必ずお伝えします。無料で体験できますし、もちろん無理な勧誘は一切ありません。つまり、あなたにとってリスクは一切ありませんのでご安心ください。

体験レッスンの受け方は2つあります。

  • 自宅で楽しく体験
  • オンラインで気軽に体験

ご家庭のご希望に合わせてどちらかお選びください。

ご家族の方が心から『この勉強法なら、うちの子でもできる!続けられる!』そう自信を持って感じてもらった時だけ一緒に頑張りたいと思っておりますので、ぜひこれまでの勉強と比べてくださいね。

体験レッスンのお申込はとってもカンタンです!
今すぐお電話(0120-19-5255)で「無料の体験レッスンを受けたい」と、代表の齋藤までご連絡ください。携帯電話からもお申し込みできます。わからないところがあればお気軽にご相談してください。

体験レッスンの受け方は2つあります。

自宅で楽しく体験レッスン

先生と仲良くなって、みなさんが想像しているよりも盛り上がることがホントに多いんです。親子で明るい未来が見えて「家庭教師のイメージが変わった!」「本当に来てもらってよかった!」と笑顔になってもらえる自慢の体験レッスンです。

オンラインで気軽に体験レッスン

「コロナが心配…」「もっと気軽に受けてみたい」という方に好評です。ノートパソコンやタブレットが見やすくておすすめ!(スマホでもOK)準備や設定はカンタンなので安心してくださいね。家庭教師ゴーイングのスタッフが分かりやすくご説明します!

無料の体験レッスンのお申込みはとってもカンタン♪
お電話からお申込み
無料の体験レッスンを受けたい

担当の水巻(ミズマキ)または代表齋藤(サイトウ)に伝えるだけ!

電話番号

受付時間 9:00~23:00 土日祝日OK!
小中高対象不登校・発達障害のお子さんにも実績と自信があります!

成績アップ係ミズマキ
「今知りたい!」が即解決!2大特典つき
  • 塾
  • 暗記法の極意
  • うれしい!ほしい!そんな声がドシドシ届いています!
なんでも相談ダイヤル

お悩みがあれば、いつでも無料でご相談にのっています。
どんなお悩みでも親身にお応えいたしますので、家庭教師ゴーイングまでお気軽にご連絡くださいね。

勉強が苦手な子ほど、期待を超えた体験になることをお約束します。

対象学年 小学生/中学生/高校生 小中高生対象 学校補習 苦手克服 受験対策 不登校 発達障害

©1995 家庭教師のゴーイング

ページトップへ