小中高生対象学校補習苦手克服受験対策不登校・発達障害

家庭教師のゴーイング
家庭教師のゴーイング 指導法 中学生の指導法 苦手が膨らんでいませんか?

苦手が膨らんでいませんか?

「数学が苦手」、「英語の文法がサッパリ…」など、苦手分野に悪戦苦闘している子も多いのではないでしょうか。「いつか苦手を克服したい!」と思っても、一度芽生えた苦手意識はなかなか手ごわく、ますます苦手科目の勉強から離れてしまいがちです。

イラスト:数学がニガテな中学生

ですが、苦手な部分をそのままにしておくと…小学校の頃とは違って、後々大きな負担となり、取り返しのつかないところまでいってしまいます。さらには、自分ひとりでやればできることでも、チャレンジする前から「できる気がしない」と感じてしまうようになります。

「じゃあ、どうしたらいいの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その答えはとってもカンタンなことです!

“苦手克服”の基本!『できる』ところまで戻ってスタートすること

私たち家庭教師のゴーイングが、一般的な塾や家庭教師と違うところは、
「できないところ」だけを教えるのではなく、「できるところ」まで戻って勉強をスタートすること。

数学では小学校の小数や分数の四則計算、英語の苦手なお子さんはbe動詞・一般動詞の使い分けまで戻る場合もあります。一つずつ「できる」に変えていけるよう、お子さんがわかるまで教えていきます。そうすると「そっか、こうすればよかったんだ!」とお子さんに「気づき」が生まれます。

今までどうやってもできなかった問題ができるようになった喜びは 「できた!」 ⇒「おもしろい」 ⇒「もっと勉強したい」 というサイクルを生んで、今まで苦痛でしかなかった苦手教科の勉強でも楽しく進めていくことができるんです。

さらに、得意科目と苦手科目のバランスを見ながら教えます!

ゴーイングでは、お子さんの「苦手意識」を取り除くもう一つのポイントとして、
その子の「得意科目⇒苦手科目」へと勉強を進めるようにしています。

写真:苦手だった数学で80点取れた生徒

なぜなら、得意科目では既に「やり方」や「コツ」を身につけ、自信を持っています。
その“自信”が、苦手教科での「もっとできるようになりたい!」という気持ちを後押ししてくれるんです。 結果的には「苦手科目」でも「やり方」や「コツ」を身につけるヒントとなるんです。

まずは授業のペースに合わせて、得意科目の予習・復習を習慣づけし、得意科目の成績が上がっていくのをきっかけに、苦手科目にもそのやり方を応用させていくようにしています。

「でも、そんなカンタンに行かないわよ…」
とお思いのお母さんもいらっしゃるかもしれません。
そんなお母さんに嬉しいお知らせです!

私たちゴーイングでは、
「苦手科目をなんとかしたい!!」とお悩みのご家庭を対象に、

「無料の体験レッスン」で教えています!

写真:スタッフの写真

★こんなお子さんにオススメ

  • 家で勉強する習慣がまったくない
  • 中学に入ってから勉強の仕方をつかめてない
  • そろそろ始まるテストが心配!
  • 自己流のやり方ばかりで、まったく成果が出ない
  • 今のままじゃ受験がとっても心配…

ゴーイングの25年の実績にかけて結果の出るやり方、必ず教えます!

他の家庭教師センターとの比較・ご検討にもぜひご活用ください。家庭教師をやる・やらないは別として、まずは“やり方”を体験してみてください!

お申し込みはとってもカンタン!無料の体験レッスン
0120-19-5255(無料)

受付時間 9時~23時(土日祝OK)

フォームから申込

カンタン入力・24時間OK

ページトップへ